最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

山田孝之「一日受付」権利が超高額落札の裏にあった“捨て犬風ショット”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 徹夜仕事で疲れ切り白目をむいた写真や、写真加工アプリ「Beauty Plus」を使い美肌に加工した写真など、投稿する度に話題を呼んでいる俳優・山田孝之Instagramだが、またもやユニークな写真をアップして反響を呼んだのは、1月30日。「明日21時に、山田売ります」というコメントともに自身が茶色い毛布にくるまり、段ボール箱に入っている写真だ。段ボールには〈生後400ヶ月ぐらいです。だれかもらってあげてください〉というメッセージまで添えられている。カメラに向かって潤んだ視線を投げる山田の目には、捨て犬のような哀愁が漂っている。このショットを見たファンからは、「ぜひ購入したいと思います。おいくら準備すれば?」「我が家の次男として迎えたい」「行きます!どこに行けば拾えますか?」などの声が上がり、コメント欄も大いに盛り上った。

「現在山田は、『me&stars』株式会社の取締役CIOを務めています。この会社は影響力を持つ『インフルエンサー』たちがファンに対し、世の中に流通しないプレミアムなモノや体験を、ライブ動画などを通じて届けるという事業を展開しています。捨て犬写真も、事業の一環として投稿されたもの。今回は山田自身が“商品”となり、自身が企画したライブオークションを告知したんです」(エンタメ誌ライター)

みずからがオークションの“商品”となる、この奇抜な発想。実はこの企画が発表されたのは、昨年11月にさかのぼる。

「この時山田は、『me&stars』の公式サイトで動画を配信。その中で『企業の受付でも結婚式の受付でも、何でもいいです。受け付けてくれと言ってもらえば受け付けます、全力で』とみずからアピールしていました。今回は、どんなオファーが来るのかまったくの未知数でしたが、1月31日午後9時から始まったオークションは78件目で落札。何と2917万2500円で山田が一日受付として雇える権利が売れたんです」(前出・エンタメ誌ライター)

いまやCMや映画に引っ張りダコの山田だけに、相当の値がつくことは予想されたが、それにしても一日3000万円の仕事といったら、CM以上かも。その裏では、人々を魅了する「捨て犬風写真」の強烈な魔力も奏功していたことはほぼ間違いない。

(窪田史郎)

外部リンク(アサ芸プラス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス