最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

梅宮アンナも支持! DeNA井納翔一「ネット中傷訴訟」の“芸能界余波”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プロ野球選手の勇気ある行動でネット書き込み事情が激変の予感!?

横浜DeNA・井納翔一投手が妻を誹謗中傷した文言を書き込んだネット民を特定、名誉棄損で訴えたことに一般人はもちろん芸能人たちにも注目されている。井納投手は妻を中傷した書き込みを見つけると、通信会社に情報開示請求をして本人を特定。特定された20代OLに情報開示にかかった費用を含む損害賠償金およそ191万円の支払いを求めているという。誹謗中傷の書き込みをした20代OLも週刊誌「FRIDAY」の取材に対し、「軽い気持ちでした書き込みでまさかこんなことになるなんて、書き込んだことを本当に反省しています」と、謝罪はしているものの、損害賠償金を払う余裕もないため、頭を悩ませているようだ。

また、この行動により頻繁にネット上で見られていた芸能人への誹謗中傷書き込みがだんだんと減少していくことが予想されそうだ。

「先月29日に放送された情報番組『バラいろダンディ』(TOKYO MX)で、このニュースを紹介していましたが、割と誹謗中傷書き込みをされることも多い梅宮アンナが『(今後は)訴えたいと思います』と宣言するなど、こういった事例があることを知り、なるほどと思った芸能人も多いはず。情報開示にかかる費用も相手に負担させることができ、確実に自分への誹謗中傷書き込みを減らすことができるわけですから、誹謗中傷を気にしているようなタレントにとっては手段を問わない場合はこれを有効活用しない方法はないですよね」(エンタメ誌ライター)

実際のところ、ここ最近でもネット上の誹謗中傷書き込みに心を痛めたことを打ち明けている芸能人は多い。

「石田純一の娘でモデルのすみれは先月30日深夜に放送されたバラエティ番組『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)で、毎朝、鏡の前に立って自分にエールを送るというルーティンがあることを明かしています。それを始めたきっかけはネットで受けた誹謗中傷が原因とか。すみれは『ネットとかですごいバッシングされて、このお仕事しているとメンタルがやられてしまう』『(誹謗中傷を受けると)すぐ号泣します。一人で家で泣いてる』と、ネットの書き込みを見て、泣くこともあるようですね。また、さかなクンも先月29日に自身のフェイスブックを更新し、否定的な書き込みをみつけ、悩みすぎたことで高熱が出たことを報告しています。こういった芸能人たちも井納投手のような行動に出ることも十分にあり得るでしょうね」(前出・エンタメ誌ライター)

誹謗中傷コメントをストレス発散感覚でネット上に書き続けることは簡単なことでも、それなりのリスクがあるのは当然。そのことを一般人も認識しておく必要があるだろう。

(本多ヒロシ)

外部リンク(アサ芸プラス)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス