最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

ずっと品薄だったニンテンドースイッチが突然、在庫潤沢で「どこでも買える」状態になった理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 任天堂が昨年3月3日に発売した家庭用テレビゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」。

家庭用ハードとはいっても単なる据え置き機にはとどまらず、携帯して屋外に持ち出すことも可能で、最大8台までのマルチプレイが楽しめるのが特徴だ。そのほか、「Joy-Con(ジョイコン)」と呼ばれる2つのコントローラーを本体から分離させ、片方を遊び仲間に“おすそわけ”して一緒に遊ぶこともできる。

その画期的な仕様で話題を集め、瞬時に大ヒット商品となったスイッチは、昨年12月10日時点で全世界販売台数が1000万台突破と、わずか9カ月で大台に到達している。だが、あまりの人気のゆえに日本では発売直後から品薄状態が続き、「どこの店に行っても売っていない」と途方に暮れる購入希望者が相次いだ。

そんなスイッチだが、昨年のクリスマス頃を境に、入手しやすくなったという声が上がっている。筆者は実際、大手家電量販店から街のおもちゃ店まで、スイッチを取り扱う店に何軒も足を運んだが、確かに多くの店舗で在庫がある状況であった。

また、中古販売店大手のブックオフなどにも足を運んでみたが、こちらもスイッチの在庫は以前よりも目立っていたように感じられた。なかには未開封品のスイッチを取り扱っている店舗もあり、高額転売を画策して大量に買い占めていた“転売屋”たちが、これ以上は手元に置いておいても損だと判断し、一斉に手放したという可能性を、多くの識者たちが指摘している。

そこで、ここ最近のスイッチの在庫状況をブックオフに確認すると同時に、スイッチの生産体制を任天堂に問い合わせた。

●ブックオフ、在庫は従来と変わらず?

まず、ブックオフの各店舗で、スイッチの在庫や販売・買取価格は、どのように推移しているのか。

「当社店舗では、日々在庫状況に応じて販売・買取価格が変動しておりますが、スイッチに関しては通常運用の範囲内でございます。在庫・価格の推移につきましては回答を差し控えさせていただいておりますので、ご了承ください」(ブックオフコーポレーション経営企画部広報グループ)

具体的な数値を聞き出すことはできなかったが、スイッチの在庫に大幅な動きは出ていないとのこと。多くのブックオフの店舗では、昨年11月頃までは中古であっても新品の定価とほぼ変わらぬ額で販売されていたようだが、現在でもその中古品の価格は暴落していないということなのだろうか。

次に、未開封品のスイッチがブックオフ店舗に持ち込まれるような事例は増えていないか尋ねたが、先ほどの質問と同様「回答は差し控えさせていただきます」とのことだった。

ブックオフとしては、いわゆる“転売屋”の存在をどのように捉えているのかを問うと、次のような回答だった。

「当社店舗への買取利用の理由は、お客様によってさまざまでございます。スイッチが当社店舗にて転売されているケースも、可能性という意味では『ない』とは言えませんが、あくまでも規定の買取オペレーション通りに対応しております」(同)

●任天堂、品薄問題をクリア

続いて、任天堂に問い合わせた。発売後、長らく品薄となっていたスイッチの生産体制は現在、どうなっているのか。

「当社ではスイッチを毎週出荷していますし、最近では品薄もほぼ解消されております。現在(2018年1月下旬時点)では、当社にお客様から品薄に関するご意見が届くことは、ほとんどございません」(任天堂総務部広報グループ)

昨今の電子部品業界の活性化により、一時はスイッチを形づくっている部品の生産が追いついていないと報道されたこともあるが、品薄に対するユーザーの嘆きは、だいぶ落ち着いてきていることだろう。

なお、スイッチについて任天堂は、昨年12月のプレスリリースで「12月は国内向けにこれまで以上の出荷を計画しており、さらに多くのお客様にお買い求めいただけるよう努めてまいります」と発表していた。

先述のコメントや各店舗の在庫状況を踏まえると、まさに有言実行の結果になったと考えられそうだが、やはりクリスマス商戦を意識していたのだろうか。

「クリスマスからお正月にかけての時期が1年で最大の商戦期のため、当然、クリスマス商戦を視野に入れていました。こちらは第3四半期の決算発表と関係することですので、そちらの結果をご確認いただくようお願いいたします」(同)

任天堂が1月31日に発表した第3四半期決算では、スイッチについて「年末商戦期にさらに販売台数が大きく増加しました」との説明があり、昨年4~12月の販売台数は1213万台に達したという。冒頭でも触れたように、昨年12月10日時点での販売台数が1000万台だったことを顧みると、年末の売り上げペースは驚異的だったといえる。

また、3月までの売り上げ予想は1400万台から1500万台に上方修正され、ユーザーにとってはスイッチを適正な価格で、かつ「欲しい」と思ったタイミングですぐに購入しやすくなってきたといえる。新作ソフトの発売なども含め、今後の展開には期待できそうだ。
(文=A4studio)

外部リンク(ビジネスジャーナル)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス