「あー」や「えーっと」などのつなぎ言葉を使うメリット


「あー」や「えーっと」といった会話の合間をつなぐだけの言葉は、意味がないのでなるべく使わないほうがいいとされています。特に英語では「Like」(訳注:ほとんど意味のない「まあ、その」などに相当する間投詞)は忌み嫌われています。「そんな言葉を使っているとバカだと思われるよ」「なめられるよ」といった忠告を耳にしたこともあるでしょう。しかし、ある言語学者の説によれば、こうしたつなぎ言葉にも重要な役割があり、そうやみくもに会話から排除するべきではないのだそうです。

その学者とは、シドニー大学で言語学を研究するN.J.エンフィールド教授です。『How We Talk: The Inner Workings of Conversation』(どう話すか──会話のメカニズム)という本の著者でもある教授は、Quartzに寄稿したコラムで、つなぎ言葉は、発言権をこちらにキープしておくのに役立っていると主張しています。友人との和やかな雑談でも、職場でのミーティングでも、会話の参加者の間で発言権のやりとりが行なわれる状況では、つなぎ言葉が効果を発揮するのだそうです。エンフィールド教授はこう述べています。

誰かと会話している時は、お互いに納得のいくルールとして、相手とのやりとりの流れをコントロールする、言わば「交通信号」を用いる必要があります。

そして、つなぎ言葉もこの交通信号の1つだというのです。

まったく空気を読む気のない人は別として、普通は相手が話すのをやめたところで言いたいことは終わったと解釈します。そして、今度は自分が話す番だと判断するものです。では、話者がつなぎ言葉を全く使わない場合を想定してみましょう。その人は考えを練り、言いたいことをまとめている最中です。でも、その間をつなぐことなく、ただ黙り込んでいます。会話に沈黙が生まれます。すると当然ながら、ほかの人が「黙っているのは、言いたいことは済んだからだ」と解釈して、そこに割り込んできます。エンフィールド教授はこうした状況でのつなぎ言葉の役割を、以下のように説明しています。

つなぎ言葉は、あなたが今すぐに意見を述べられる状態にないことを示す交通信号です。「少々お待ちください。まだ話は終わっていません。まもなくいつもの送信状態に戻りますから」と伝えているわけです。大体はそうですが、会話の参加者が協力的であれば、誰もつなぎ言葉を口にしている相手から発言権を取り上げようとはしないはずです。

確かに、同じつなぎ言葉でも「ところで」や「そういうわけで」「さて」といった、より格式高い表現を使うこともできます。そうはいっても、言葉の習慣はその人に深く染みついていて、なかなか治せるものではありません。それに正直いって、そこまで目くじらをたてるほどのことでもありません。

また、つなぎ言葉が会話に役立つとはいえ、公の場での講演などではその効果は発揮されないという点は、エンフィールド教授も指摘しています。講演のように確実に自分の側に発言権がある場であれば、話が途切れるたびに誰かが乱入することを心配する必要はないでしょう。それに、公の場で話す場合はカジュアルな会話とは違い、よどみなく話して話題を完全に把握しているところを見せなければなりません。

たとえそれが即興のスピーチであっても、そのトピックについて熟知しているという印象を聞いている人に与えるべきでしょう。つなぎ言葉を連発して、次に言うことを探しているという印象を与えたのでは、発言に重みがなくなってしまいます。

それでも、次に言うべきことを探している間に気まずい沈黙が続く状況は望ましくありません。これに対してエンフィールド教授は、そもそも私たちはなぜつなぎ言葉を使うのか、その理由を根本から考えて、1つの解決策を提案しています。つまり、ゆっくり話すのです。スピーチの場合、矢継ぎ早に言葉が交わされる普段の会話のように話す必要はありません。自分が決めたペースで話せばいいのです。ゆっくり話すよう心がければ、考えを練り上げるための余裕が生まれます。また、緊張とは無縁の、威厳ある話し手という望ましい印象を聞き手に与えることもできるでしょう。

Image: TZIDO SUN/Shutterstock.com

Source: Quartz

Jaime Green - Lifehacker US[原文

あなたにおすすめ