下戸男子×酒豪女子カップルに起こりがちなトラブル




酒豪女子は相手が下戸だからと対象外にするのはもったいないですが、もちろん下戸男子と酒豪女子だからこそのトラブルも起きてしまいます。ただこんなトラブルがあるんだと事前に知っておけば、それを回避することも可能です。そこで今回は下戸男子×酒豪女子カップルに起こりがちなトラブルをご紹介します。

ドライブデートに対して温度差がある



ドライブデートといえば、デートの定番です。ドライブデードを選べば間違いないと考える男性も多いですし、実際ドライブデート好きの女性はとても多いです。けれど、酒豪女子は例外です。ドライブデートに対する酒豪女子の意見を聞いてみましょう。

・ 「デートの際に車で迎えに来てくれるとうれしいより、飲む気ないんだって悲しい気持ちが上回ります。わざわざ車出してくれたのにこんな気持ちになるのも申し訳ないし、ドライブデートは手放しで楽しめません」(20代前半・幼稚園教諭)

▽ 下戸男子×酒豪女子でデートする時はお互いにきちんと要望を伝えておいたほうが結果的に相手を思いやることになります。

頻繁な飲み会への参加を理解されない

下戸男子×酒豪女子カップルで揉めることが多いのが飲み会への参加率です。飲みの場が好きな下戸男子もいますが、一般的な下戸男子は会社の飲み会以外には積極的に参加しません。それとは対照的に会社の飲み会はもちろん、それ以外でも頻繁に飲みに行くのが酒豪女子です。飲み会への頻繁な参加が悲劇をうむこともあります。

・ 「最低でも週一で飲みの予定を入れるタイプなんですが、彼氏ができてもそのペースを変えません。下戸の男性と付き合ってた時、彼とも週一で会ってたので問題ないと思っていたんですが、飲み会への参加が多すぎて浮気を疑われてしまいました」(20代後半・OL)

▽ 自分の常識が相手には通用しないことがあります。一般カップルにも言えることですが、下戸男子×酒豪女子カップルは特に飲み会のペースについては話し合っておきましょう。

お酒絡みのイベントで気を遣う



・ 「毎年東京ドームでやる、ふるさと祭りが大好きなんですが、地ビールや地酒を楽しみたいのでお酒の飲める友人と行きました。そのことを彼氏に報告すると自分も行きたかったと拗ねてしまいました」(20代前半・大学院生)

▽ 酒豪女子としてはお酒を楽しみたいイベントには気を遣ってしまい、下戸男子を誘えません。けれど自分が飲めなくても下戸男子は酒豪女子が楽しくお酒を飲んでいる姿を見たいという意見もあります。お互いに気を遣ってしまいがちな下戸男子と酒豪女子ですが、お酒を飲むイベントに関しては相手がどういう楽しみ方をしたいのか話ができていれば、トラブルになることも減るでしょう。

お酒に関して分かり合えない

・ 「家で晩酌していると彼が近くにいるからと来てくれたんですが、ほろ酔いの私を見て酔っ払い無理だから帰ると言われました。その瞬間、何もかもが冷めてしまいました」(20代後半・営業)

・ 「彼女がお酒大好きでたまに記憶失くすと聞いて、心配だからと伝えたところその後はお酒を飲む量を控えてくれました」(30代・自営業)

▽ 下戸男子×酒豪女子カップルがうまくいくかいかないか、その分かれ目となるのがお互いにお酒に関して歩み寄れるかということです。下戸男子側は酒豪女子がほどよく飲むのであれば個人の嗜好であると認め、酒豪女子側は下戸男子が心配するのであればお酒の量を減らすなどしましょう。下戸男子×酒豪女子カップルだからこそ、一般カップルよりも話し合いお互いを理解する気持ちを大切にする必要があります。

あなたにおすすめ