最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

養子縁組が成立した法廷で、1歳男児「パパ!」と笑顔で呼びかける(米)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
実親に育てられず施設に預けられた子供たち。そのなかには一時預かり先の里親のもとで大変可愛がられ、里親から正式に養子縁組をしたというケースも多々ある。米オハイオ州の夫妻もこのほど、生後間もない頃から育ててきた男児と正式に養子縁組をし、晴れて“親子”となった喜びを露わにした。米メディア『PEOPLE.com』などが伝えている。

オハイオ州ペリーズバーグに住むマンディさん(33歳)とタイラー・パルマーさん(31歳)は2014年に結婚し子供を持つことを望んだが、マンディさんが15歳の時から抱えているクローン病の合併症が原因で、出産は不可能であることが分かった。

そこで夫妻は、地域で里親を募集している話を耳にしたこともあったことから養子を迎え入れる決心をした。里親からやがては養父母になることのできる認可を得た直後の2016年8月15日、児童保護施設にいた生後8日になるハンター君を引き取った。それから1年4か月、里親になった2人はまるでジェットコースターのように子育てに奮闘する日々を送ってきた。

2017年12月のこと、ついに夫妻はハンター君との養子縁組がようやく認められたことを知らされた。同月18日には、喜びの瞬間を分かち合おうと両者の家族や友人らも駆けつけ、裁判所での公式手続きが行われた。裁判所には、正装した夫妻にならってハンター君も小さなフォーマルベスト姿で現れた。家族らが見守る中、養子縁組の手続きはスムーズかつ感動的なものとなった。当時を振り返り、マンディさんはこのように話している。

「手続きの最後に判事がハンターの法律上の新しい名前を言って、養子縁組の判決を読み上げました。するとその時にハンターが夫の顔を見て『パパ!』と笑顔で言い、拍手し出したのです。それを見たみんなが涙し始めて…。私たちは素晴らしいご褒美を頂いたのだと本当に感動しました。里親になることに対して、最初は怖さもありました。ですが、神に背中を押されたような気持ちになってハンターに会いに行ったのです。初めて会った時からハンターを大好きになって、私たちの息子として大切に育ててきました。これからはハンターが私たちのもとから去っていくことなどありませんし、そんな心配はしなくてもいいと思えることが本当に嬉しいです。息子はこれからもずっと私たちと一緒。息子を愛情に満ちた家庭で育てていきます。全ての子供たちが、そんなふうに育てられるべきなのです。」

「家族にとって大切なのはDNAじゃなく、愛なのだということを学びました」と語るマンディさんのように、世の中には血縁がなくても心の絆を何よりも大切にする家族が存在する。昨年12月には、バージニア州で3人の子供の養父となったシングルファーザーのニュースが話題になった。

画像は『PEOPLE.com 2018年2月2日付「Toddler Adorably Yells ‘Dad!’ in Court as Adoption Is Finalized: ‘He’s Never Leaving Us,’ Says Mom」(Ann-Marie Finn / Finn Photography)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス