最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

Hey! Say! JUMP知念侑李&中川大志の“イチャイチャ”を小松菜奈が目撃「目が合うたびにキュンキュン」<坂道のアポロン>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【知念侑李・中川大志/モデルプレス=2月5日】5日、都内で映画『坂道のアポロン』(3月10日公開)の完成披露舞台挨拶が行われ、主演を務めるHey! Say! JUMPの知念侑李をはじめ、中川大志、小松菜奈、真野恵里菜、中村梅雀らが登壇した。

役を演じるにあたって、ピアノを10ヶ月間特訓したという知念だが「周りの大人の方々がビックリするくらい褒めてくださって、『おお?いけるんじゃないか?』って思った(笑)。上手かったですね~!乗りましたね、気持ちが!」とモチベーションに繋がったことを回顧。一方、もともとドラムを少し習っていたという中川だが、監督やプロデューサーへ披露する際に緊張のあまり成果が出せなかったようで「確実に(役を)降ろされたな」と思ったという。

その後、知念と中川は連絡を取り合い練習を重ねたようで、「知念くんのいないところでもプロデューサーさんが褒めてた」「いやいや、こっちは大志のことをすごい褒めてて『ヤバイな』って思った」「いやいや、僕も知念くんに焦らされてました。僕も頑張らないとなって」「なんか大人たちに上手くコントロールされてたみたいだね(笑)」と互いに切磋琢磨していたことを明かすと、三木孝浩監督からは「仲良いなぁ~」と感嘆の声が。

ヒロインを演じた小松は「2人とも初共演で、最初のセッションの時は緊張していたんですけど、だんだん生き生きとして楽しそうで。自分もそこに入りたい!と思った」というが、「2人の視線が熱くて、時にイチャイチャしてて(笑)。もう、なんだこれは!?みたいな時もあった」と不思議な感情になった様子。「でもそれが2人の良さ。お互いがお互いを高め合っていいものにしていく、というのがすごく伝わった」と感慨深げに明かした。

“イチャイチャ”に関して「してないよ~!」と返した知念と中川だが、「可愛いネクタイだね」「可愛い靴下だね」と互いを褒め合い、会場を笑わせた。また、この日は劇中で演奏する曲から、アート・ブレイキーの「モーニン」のワンフレーズを披露する一幕もあり、中川は「知念くんと目が合うたびにキュンキュンするんですよ」と、久しぶりのセッションに喜びを噛み締めていた。

◆知念侑李単独初主演映画「坂道のアポロン」



原作は、人気漫画家・小玉ユキ氏により「月刊flowers」(小学館)にて連載された伝説的コミック。アニメ化でもその音楽シーンの完成度の高さなどで話題を呼んだ。

今作で映画単独初主演となる知念が演じるのは、主人公の西見薫。都会から長崎へ転校し、クラスメイトの川渕千太郎(中川)、迎律子(小松)と“一生ものの出会い”を果たす。友情や恋愛はもちろんのこと、次第にジャズの魅力に目覚め音楽に夢中になり、全力で青春時代を送る若者たちの姿が描かれる。

イベントでは、知念と中川による小松のバースデーサプライズも行われ、会場を盛り上げた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス