最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

真野恵里菜、実は腹黒? 心理テストの結果にくずおれる 松坂桃李、沢尻エリカの腹黒度は… 映画「不能犯」初日舞台あいさつ2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の真野恵里菜さんが2月1日、東京都内で開かれた映画「不能犯」(白石晃士監督)の初日舞台あいさつに主演の松坂桃李さん、沢尻エリカさんらと登場し、“腹黒度”を知る心理テストに挑戦した。「好物の苦味・酸味が強いほど腹黒度数が高い」という内容で、「もずく酢。毎日食べてます」と答えた真野さんは、結果を知るとくずおれ、頭を垂らしひざを床に付けるほど落ち込む姿を見せた。

心理テストは、スクリーンに内容が表示された状態で行われた。真野さんがスクリーンを背にして観客に好物を書いたフリップを見せると、客席から「えー」「きゃー」という声が上がり、真野さんは「えっ……。手が震えてきた、ドキドキする」とおびえた様子を見せていた。

同じ心理テストに松坂さんは「マグロの赤身」と答え、沢尻さんは「チーズ。こってり、くさいやつが好き」と答えた。ほかに新田真剣祐さん、間宮祥太朗さん、芦名星さん、白石監督も出席し、同じ心理テストを行ったが、出席者、司会者、観客の満場一致で、真野さんが“一番腹黒い”という結果になり、司会者から「真野さんは腹黒くなさそうなんですけどね」と言われた真野さんは「どうなんでしょうね」と苦笑していた。

「不能犯」は、「グランドジャンプ」(集英社)に連載中の宮月新さん原作、神崎裕也さん作画の人気マンガが原作。都会で次々と変死事件が起き、警察が証拠を一切見つけられない中、現場では黒スーツの男が毎回目撃されていた。SNSで「電話ボックスの男」とうわさされる宇相吹正という男に、殺人の依頼を残しておくと、ターゲットを確実に死に至らしめるという。死因は病死や自殺、事故などで、宇相吹の犯行はすべて立件不可能な犯罪(=不能犯)だった……というサスペンス。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス