必見の価値あり!会いたいと思わせるLINEテクニック

愛カツ

2018/2/5 20:00


好きな人に対して会いたいと思いを募らせる。女性なら誰しもが一度は経験したことがあるのではないでしょうか? もし相手にも同じように会いたいなと思ってもらえたとしたら嬉しいですよね?

そこで今回は男性にも会いたいと思わせるLINEテクニックを紹介したいと思います。

LINE

■ 1:もう少し一緒にいたかった

デートをした後に「今日は楽しかった! ありがとう!」といった内容のLINEを送ることが多いと思いますが、その際に「もう少し一緒にいたかった」と一言メッセージを送るだけで「また会いたい」、「すぐに会いたい」と男性に思わせることができます。
デートの後だけではなく、グループで一緒に遊んだ後や仕事の打ち合わせをした後にも送ってみてください。振り向いてもらえるかもしれません。

■ 2:今、お風呂上がり

色気とは相手が目の前で妖艶な仕草をしてはじめて感じるものではありません。LINEでも色気を感じさせることはできます。
それがこの「今、お風呂上がり」というメッセージになります。男性は女性とお風呂という言葉の組み合わせに女性の裸を連想してしまうというわけです。
男性はついお風呂上がりの透き通った肌や上気した吐息を想像し、LINEという文字のやり取りに味気なさを感じて会いたい衝動に駆られてしまいます。

そしてこのメッセージの最大の特徴はいやらしさがないという点です。歯磨きと同じように毎日の日課が今終わりましたという単純な報告になっているわけです

次のデートの約束がうまく決まらない時などに使ってみてください。

■ 3:まだ寝ちゃダメ

夜も更けてくると、彼からの返信が遅れがちになることもあるでしょう。きっと眠いんだろうなと感じたら、このメッセージを送ってみましょう。かわいい我が儘ならかまってあげたくもなります。男性が寝落ちしてしまってもいいのです。起きたときにLINEを見返して、「こいつかわいいな」と思わせることができれば男性の会いたい気持ちが募ります。

決して「眠いなら寝てもいいよ」というメッセージを送ってはいけません。ある程度の我が儘を言われた方が男性は男心をくすぐられます。

■ 4:電話じゃなくて……、声が聞きたいな

LINEという文字のやり取りを逆手に取ったテクニックになります。それが「声が聞きたいな」というメッセージです。もちろん電話をすることはできるのですがface to faceで話をしたいという意味であることを分かってもらいましょう。あなたの吐息を耳元で感じたいといった意味であることを伝えることができれば、あなたのさみしさにほだされて会いたいと思わせることができます。

注意するべきは何度もこのメッセージを送ると重いと思われてしまうところです。

LINEが盛り上がってきたところで一度だけ送ってみましょう。

いかがでしたか? 恋愛は会わないことにははじまりませんが、会わない時間が愛を育てるとはよくいわれる言葉です。逆に会わない時間が長すぎれば恋愛の熱も冷めてしまいます。LINEをうまく使って恋の駆け引きを楽しんでください。(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス