【非常事態】コインチェック返金開始でビットコイン大暴落危機 / 仮想通貨ユーザー全員に地獄が待っている理由



ビットコインやネムなどの仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)がハッキングされ、約580億円分の仮想通貨を不正送金された。

・現金を引き出せない状況
コインチェックは不正送金の影響で、入金、出金、売買を停止。利用者が預けていた仮想通貨を取り扱えず、現金を引き出せない状況が続き、コインチェック本社前で「金返せ!」と怒る人まで出現しているが、ここにきて新たな事実が判明した。

coincheck-kaiji1

・仮想通貨が大暴落する可能性
コインチェックは、利用者に対して返金と出金のサービスを再開すると告知しているが、それに伴い、ビットコインなどの仮想通貨が大暴落する可能性が極めて高いという。以下は、金融有識者のコメントである。

・仮想通貨が大暴落する理由
「コインチェック社は、現金で数百億円を持つのではなく仮想通貨を買って保有していると考えられます。利用者に対して本当に現金で返金するのであれば、自社で持ってる仮想通貨を売り払って現金化し、返金することになるでしょう。それにより、ビットコインをはじめ、多くの仮想通貨が大暴落します。数百億円規模で売られるわけですから、誰もが暴落することを理解できますよね。さらに今後、利用者の出金が再開して現金(預金)が必要になるでしょうから、出金再開の直前や直後にも暴落すると考えられます」

coincheck-okane

・倒産でも暴落する可能性あり
コインチェックの返金に伴う大暴落が最悪なのは、コインチェック利用者だけでなく、世界中の仮想通貨ユーザーに大きな被害が生じるという点。また、コインチェックが返金や出金サービスを再開せずに倒産した場合でも、結局はコインチェックの資金的な整理のため仮想通貨の強制的な現金化は避けられず、どちらにしても大暴落が待っている。

ジワジワと仮想通貨を売っていき、できるだけ相場に影響を与えないようにする可能性もあるが、まったく影響が出ないはずもなく、暴落するのは避けられない。

・暴落から逃れられない
返金開始 → 仮想通貨現金化で対応 → 大暴落
倒産 → 整理で仮想通貨現金化 → 大暴落
ハッカー逮捕 → 盗難時とのネム差額分を仮想通貨現金化で対応 → 暴落

・暴落を避けるのは至難の業
コインチェックが数百億円を現金で保持しているならば別だが、そうでなければ仮想通貨の暴落を防ぐ方法はひとつだけ。ハッカーが盗み出した仮想通貨ネムを全額取り戻すことである。それでも現在ネムは暴落しているため、盗まれた当時の相場で取り戻すことはできない。そう考えれば、暴落を避けるのは至難の業と言えそうだ。

ちなみにいま現在、コインチェック株式会社代表取締役の和田晃一良氏(27歳)が不適切な発言をし、物議を醸している。また、金融界のボスもコインチェックを猛烈に批判しており、炎上状態が続いている。






もっと詳しく読む: コインチェック返金によるビットコイン大暴落危機 / ハッカー逮捕できなければ地獄が待っている理由(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/02/05/coincheck-bankruptcy-crash/



あなたにおすすめ