ユマ・サーマンのセクハラ被害告白に、プロデューサー側が猛反論

ハリウッド映画界の“大物プロデューサー”ハーヴェイ・ワインスタインにより、セクハラ行為を受けたうえ「女優としてのキャリアをぶっ潰す」などと脅迫的な言葉まで吐かれたと暴露した女優ユマ・サーマン。しかしこれを受け、ワインスタインは広報担当者らを通して「これまでの関係は決して悪くはなかったはずだ」と猛反論した。

女優ユマ・サーマンが『ニューヨーク・タイムズ』の取材に応じ、ハーヴェイ・ワインスタインによるセクハラ行為を回顧。「陰部を露出しようとした」「“不愉快な行為”をする彼から、トカゲのように身をくねらせ逃げるしかなかった」と激白し、「他の誰かに同じ行為をしようものなら、あなたはキャリアも名声も家族も失うことになる」と詰め寄った際には逆に「おまえの女優としてのキャリアを潰してやる」などと脅されたと明かした。

しかしこの言い分を知ったワインスタインは、「仲は決して悪くなかったはず」と不愉快に思ったもよう。さっそく広報担当者らを通し、以下のように発表した。

「我々のもとには、ワインスタイン氏とサーマンさんが、何年も非常に強い絆で結ばれていたと示す多くの画像があります。それを『ニューヨーク・タイムズ』が掲載してくだされば良かったのにと思っています。」

「サーマンさんに対して言い寄ったことは、ワインスタイン氏も認めています。25年前にイングランドで起きたことで、その際にはサーマンさんの気持ちを誤解していたようです。それに先立ち、パリで互いに気があるような行為をしていたせいです。ですがこの件につきワインスタイン氏はすぐに謝罪しており、今も大変後悔しています。またサーマンさんは身体的な攻撃を受けたと主張していますが、事実ではありません。このような話を我々が耳にしたのも、これが初めてです。 」

「サーマンさんに言い寄った際にも、体の接触はありませんでした。ですので(サーマンさんの今回の主張を聞き)ワインスタイン氏は悲しんでおり、『同僚かつ友人と考えてきたサーマンさんが、なぜこのように公に主張するまで25年も待ったのか』と困惑しています。」

またワインスタイン側は「敵とみなされているとは思ってもいなかった」と主張しているもようで、広報担当者たちも「写真を見る限り敵視していたとは思えない」としている。また今後はワインスタインの担当弁護士がより詳細に経緯などを語るといい、映画『パルプ・フィクション』(1994年)の公開20周年を記念するパーティで撮影した写真にも「ジョン・トラボルタ、クエンティン・タランティーノ監督と共に2人が写っている」と明かし“不仲ではなかったこと”を強調した。

ちなみに似たケースとして思い出されるのは「ワインスタインからセクハラ行為を受けた」とする女優グウィネス・パルトロウで、彼女は被害後もなおワインスタインの関わる映画に出演し、ミラマックスのファーストレディのように扱われていたという。今後はワインスタインの弁護士も介入するとみられる「ユマvsワインスタイン」騒動だが、ユマはこれまでの経緯についてどのように釈明するのか。ちなみにユマは“被害”を受けた後にもワインスタインがプロデュースに関わった映画『キル・ビル』シリーズにも出演しており、それらは25年前どころか2000年代に入ってからの作品であることも興味深い。

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

あなたにおすすめ