最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ジャスティン・ティンバーレイク、『第52回スーパーボウル』にて圧巻のライヴを披露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャスティン・ティンバーレイクが、US現地時間2月4日(日)にミネアポリスで開催された第52回スーパーボウルのハーフタイムショーに登場し、圧巻のライヴを披露した。

パフォーマンスは2月2日(金)に発売されたばかりの最新アルバム『マン・オブ・ザ・ウッズ』からのシングル「フィルシー」から華麗にスタート。「ロック・ユア・ボディ」「セクシー・バック」「スーツ・アンド・タイ」などのヒット曲メドレーで会場を一気に盛り上げると、後半、開催地ミネアポリス出身の故プリンスの名曲「I Would Die 4 U」を、大スクリーンに映し出されたプリンスとともに熱唱する感動的なトリビュートでオーディエンスを圧倒。ラストは、2016年アメリカ最大のシングル「キャント・ストップ・ザ・フィーリング!」をスタンドの観客席から熱唱。まさに会場中を大合唱の渦に巻き込み、終始そのスタイリッシュで圧倒的なライヴ・パフォーマンスで全米最大のスポーツイベントをハッピー・オーラに包み込んで多いに盛り上げた。

前述の最新アルバム『マン・オブ・ザ・ウッズ』は、リリースされるやいなや日本を含む50カ国のiTunesチャートで1位を獲得。衰えることのない人気の高さを証明したジャスティンだが、アルバム発売日には「フィルシー」「サプライズ」「セイ・サムシングfeat.クリス・ステイプルトン」に続く4本目のミュージック・ビデオ「マン・オブ・ザ・ウッズ」を公開。こちらはこれまでのシングルの曲調とは趣を変えた、温かみと多幸感に満ちたアコースティックなポップ・ソングになっている。キャンプなど自然の中で憩うシーンもありつつ、“抱きしめあおう、この世に僕と君はひとりずつしかいないからね"と歌う場面では妻で女優のジェシカ・ビールも登場し二人で素敵なダンスを披露している。「マン・オブ・ザ・ウッズ」というのは、彼の息子の名前(サイラス)に由来するそうで、アルバムはジャケットのキー・カラーであるオレンジが象徴するような、自然や家族の温かみを感じさせえてくれる音楽も収録されている。春の訪れを待ちながら、あるいはバレンタイン・ウィークを大切な人と過ごしながら、ぜひ聴いてもらいたい1枚だ。

Live photo by Christopher Polk/ゲッティ イメージズ

アルバム『マン・オブ・ザ・ウッズ』

発売中

\n【国内盤CD】
SICP-5757/¥2,500+税
※歌詞・対訳・解説付
<収録曲>
01. Filthy|フィルシー
02. Midnight Summer Jam|ミッドナイト・サマー・ジャム
03. Sauce|ソース
04. Man of the Woods|マン・オブ・ザ・ウッズ
05. Higher Higher|ハイアー・ハイアー
06. Wave|ウェイヴ
07. Supplies|サプライズ
08. Morning Light feat. Alicia Keys|モーニング・ライトfeat. アリシア・キーズ
09. Say Something feat. Chris Stapleton|セイ・サムシング feat. クリス・ステイプルトン
10. Hers (interlude)|ハーズ(インタールード)
11 Flannel|フランネル
12. Montana|モンタナ
13. Breeze Off the Pond|ブリーズ・オフ・ザ・ポンド
14. Livin' Off the Land|リヴィン・オフ・ザ・ランド
15. The Hard Stuff|ザ・ハード・スタッフ
16. Young Man|ヤング・マン

\n

外部リンク(OKMusic)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス