ロンブー田村淳、河相我聞……相次ぐ芸能人の大学受験、裏に潜むのは「大学の生存戦略」か

日刊サイゾー

2018/2/5 17:00


 これは、大学の新たな生存戦略上の“広告”なのか。ロンドンブーツ1号2号の田村淳の大学受験が話題を集めている。昨年9月から、青山学院大学に合格することを目指すと宣言し受験勉強に励んできた田村は、1月13日と14日に行われたセンター試験の自己採点結果をTwitterにも投稿した。

「詳しい結果じゃないけど…現国と日本史は6割そこそこに7割行きたかったな…英語は5割切り…」

受験情報サイトによれば、青学大のセンター利用入試の必要な正答率は8割以上。既に合格圏外であることは確定している。ただ、田村は、この後に実施される一般入試を目標としているようで、合格への意欲を燃やしている。

「少子化によって、大学の経営危機は避けられません。従来通り、高校を卒業した若者だけを相手にしていては、定員割れは必至です。あらゆる世代に門戸を広げていかなくては、あと10年もせずに立ちゆかなくなる」(ある私大教員)

現在約120万人の18歳人口は、2040年には88万人にまで減少すると試算されている。仮に大学を義務教育にしても、早慶上智やそれに準じるレベルの私大ですら経営危機が避けられない。そこで各大学が注目しているのが、高卒で社会人になった人々、あるいは、もう一度大学で学び直したいと考えている中高年なのだ。

「日本では、中高年の大学入学は、まだ一般的ではない。けれども、何かを起爆剤にブームになる可能性は十分にある。今は、さまざまな大学が<中高年に向けた広告塔になる芸能人はいないか>と探している状況ですよ」(同)

中年期に差し掛かってから、初めて、あるいは再び大学で学ぶことを志向する潜在的な志望者は、かなりの数に上るという。ただ、そこには「学生に戻って、青春をやり直したい」という意思も見え隠れするのだ。

「勉強もしたかったが、半分くらいはそれだった」と話すのは、50代になり再び大学に入学した男性。入学当初は「学ぶ意志があれば年齢なんて」と思っていたが、今は後悔の日々だという。

「サークル活動にも興味があったのですが、オッサンなんかが見学にいっても浮くだけです。おまけに、ついつい人生の先輩風を吹かしたもので学内でも浮き気味です」(同)

さらに、別の中年学生からは、こんな証言も。

「勉強には年齢は関係ないと思うんですが、ゼミの集まりで食事会などがあると、どうしても多く支払わざるを得ないプレッシャーがあります。それに、自分の経験してきた業界を志望している学生からは就職のコネがないか相談されたり……」

冒頭で述べた田村は、青学合格を目指して意気揚々。一方、大学受験を志し昨年10月に高卒認定試験に合格した俳優の河相我聞は「42歳が何となく大学に行くのはマズそうだ」と、現実と向き合い悩んでいる心の内をブログに綴っている。

先の私大教員は語る。

「自分で安くはない学費を負担しているからでしょうか。授業はもちろん、飲み会にも全出席している社会人学生もいますよ。もちろん、若い学生たちは<このオッサンは、暇なのか>と白い目です」

芸能人を広告塔として利用し、その成果として、ごく当たり前のことのように、大学が年齢を問わず入学できる場になっても、青春をもう一度楽しめるというワケではないのか。
(文=是枝了以)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ