手作りケーキの体験も!「ホテルケーニヒスクローネ神戸」でスイーツづくしの1日を

Walkerplus

2018/2/5 17:50

「ホテルケーニヒスクローネ神戸」は、神戸・御影生まれのドイツ菓子店が造ったホテル。併設するカフェ「くまポチ邸」でスイーツが満喫でき、また中庭ではホテル自慢の朝食を味わえるなど、スイーツもグルメも心行くまで楽しめることで大人気。客室に飾られるキュートなくまポチのグッズにも注目。<※情報は関西ウォーカー(2018年1月23日発売号)より>

■ 神戸の洋菓子店が展開するスイーツ尽くしのホテル

焼きたてのパンや新鮮フルーツ、そしてケーキが並ぶ贅沢な朝食がホテルの自慢。朝食後には、昨年オープンしたてづくりスイーツ館で、オリジナルケーキ作りに挑戦してみて。

朝食はケーキやグラススイーツなど、ひと口サイズのスイーツなど新鮮なものが並ぶ。

ホテルから徒歩10分の所にある、てづくりスイーツ館では、本格スイーツが作れる。

生デコレーションケーキやチーズケーキなど4種からケーキを選び、体験してみよう。

■ くまポチが飾られた客室がかわいすぎる

マスコット・くまポチのグッズであふれるかわいらしい客室は、女子旅のテンションを上げてくれること間違いなし。まずは、ウェルカムスイーツとドリンクをカフェで味わって。

サクサクのパイにカスタードたっぷりのクローネや、ソフトクリームでおもてなししてくれる。

カカオやラズベリー、ピスタチオなど、デザインの異なるおしゃれな客室がそろう。

■ 人気スイーツがずらっと並ぶカフェで至福のひと時を

ホテル直営の「くまポチ邸」で、神戸を代表する洋菓子店のスイーツを満喫。洗練された空間で人気のプレートを味わいながら、甘い時間を楽しんで。おみやげなども販売している。

「くまポチプレート」(1728円)。ショートケーキやソフトクリームなど、5種のスイーツが。

旧居留地の雰囲気に合う、ヨーロピアンスタイルの外観。

■ 宿のホンネ・客のホンネ

(宿)「空間にこだわったホテル直営のカフェも満喫してほしいですね。てづくりスイーツ館の近くにある地中海リゾートをイメージした『レアルプリンセサ・リカルディーナ 磯上邸』は、スペインのリゾートのように気品あふれる店内で、映画の舞台になったこともあるんですよ。回廊をイメージしたオープンカフェや、アンティークのインテリアがそろうなど、趣の異なるいくつもの空間が楽しめます。お好みのインテリアを選んで、優雅に過ごしてみてください」と、スタッフの塩見恭子さん。

(客)「大理石が敷かれた床や印象的なワインレッドのアーチなど、建物はまるでロンドンの有名ホテルのように高級感があふれ、贅沢な空間で極上スイーツを堪能できました。また、ホテルが“Bed and Breakfast”という夕食なしのシステムを取っているので、ディナーはホテルの外へ。居留地にあるので、周辺はレストランも数多く食事に困ることはないですが、せっかくならホテルのかわいいくまポチに囲まれながら、ディナーも楽しめたならさらにうれしかったかも」

■ チェックアウト後はココへ

「神戸トリックアート不思議な領事館」は、パナマ領事館だった建物。現在は大人も子供も楽しめるトリックアートを展示。見て、触って、写真を撮れる体験型アミューズメントスポットだ。

■神戸トリックアート不思議な領事館<住所:神戸市中央区北野町2-10-7 電話:0120-888-581 時間:9:30~17:00 料金:入館料(800円) 駐車場:なし>

■ホテルケーニヒスクローネ神戸<住所:神戸市中央区三宮町2-3-10 電話:078-321-5512 時間:IN15:00~、OUT~11:30 料金:2人1室(朝食付き)1人1万1340円~ 部屋数:94室 駐車場:なし ※提携駐車場あり 交通:阪神高速京橋ICより5分>【関西ウォーカー編集部】(関西ウォーカー・編集部)

https://news.walkerplus.com/article/136435/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス