最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

2018年最初の『EXIT TUNES ACADEMY TOUR』、恵比寿LIQUIDROOMで大団円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2018 -WINTER-
2018.1.28(sun) 恵比寿LIQUIDROOM


1月28日に東京・LIQUIDROOMにて、多数の歌い手が出演するライブツアー『EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2018 -WINTER-』のツアーファイナル、東京公演が開催された。本ツアーは3公演で構成され、今回は全公演出演のいかさん、kain、この子、ぷす、そして2人名義でのアルバムも発売しているしゃけみーとスタンガンを加えてのラインナップとなった。
EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2018 -WINTER- @東京公演
EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2018 -WINTER- @東京公演
EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2018 -WINTER- @東京公演
EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2018 -WINTER- @東京公演
EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2018 -WINTER- @東京公演
EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2018 -WINTER- @東京公演

まず初めに登場したのが楽曲製作者としても活躍するぷす。「東京テディベア」で会場の熱気を一気に上げると、いかさんとのコラボで「ノンファンタジー」を披露して、ピースフルな空気を会場に吹き込んだ。続いて登場した女性ボーカルこの子が「ヒバナ」を熱唱。ハイトーンかつハスキーな歌声で会場を煽ると、フロアもヘドバンでそれに応えていた。多数のアーティストが代わるがわる登場するETAらしいステージ。次に登場したのはスタンガン。出だしでマイクの不調に見舞われるも、余裕のあるパフォーマンスで「砂の惑星」を歌い上げ、フロアに心地よい横揺れを生み出していた。スタンガンがステージを去ると照明が暗転。ETAでは恒例となっているピアノソロからのkainのリコーダー演奏だ。初めはフロアから笑い声がこぼれるも、次第にその音色の美しさに耳を傾け、kainの感情を乗せた「rain stops, good-bye」に酔いしれていた。MCで「ETAはバラードを歌う人が少なくて、僕はバラード枠で呼ばれてる」と語りフロアの笑いを誘いつつ、良い曲をしっかりとみんなに届けたいという想いを語り、2曲続けてのピアノソロで「盲目の宇宙飛行士」をしっとりと歌い上げた。
EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2018 -WINTER- @東京公演
EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2018 -WINTER- @東京公演
EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2018 -WINTER- @東京公演
EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2018 -WINTER- @東京公演
EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2018 -WINTER- @東京公演
EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2018 -WINTER- @東京公演

バラードパートから一転、フロアへ呼びかける「マイメン!」という掛け声と共に、騒々しくやってきたしゃけみーが「シャルル」でフロアを再度加熱させる。勢いだけではない、確かな歌唱力に裏打ちされたパフォーマンスでその実力を見せつけていた。続いてはスタンガンとのコンビで「聖槍爆裂ボーイ」の高速ラップを炸裂させ、猛烈な勢いで会場をかき混ぜていく。しゃけみーがステージを去るとバトンタッチで再度、いかさんが登場し、なんと「アナと雪の女王」の挿入歌「とびら開けて」を披露。いかさんが男声、スタンガンが女声を担当する男女逆転アレンジで、会場を沸かせた。公演の1週間前まで体調不良で休んでいたといういかさん。「気合いを入れ直そうと自分の曲を聴いていたら、サイリウムを振るみんなの光景が瞼の裏に見えた。みんながいるから私たちはこうして、歌を歌えている。きっと何十年先もこの光景は忘れないと思う」と語ると「打上花火」を熱唱。男女パートを一人で歌い分け、フロアにはいかさんとファンの間で消えることのない、サイリウムの波が煌めいていた。
EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2018 -WINTER- @東京公演
EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2018 -WINTER- @東京公演
EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2018 -WINTER- @東京公演
EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2018 -WINTER- @東京公演
EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2018 -WINTER- @東京公演
EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2018 -WINTER- @東京公演

続いてステージに登場したこの子。非常に攻撃的で、かつ繊細で儚いステージングでフロアを自分色に染め上げていく。正月太りしたエピソードをMCで語った後は、次の曲「妄想感傷代償連盟」もセクシーなパフォーマンスでペロリと平らげてしまった。ETAのバラード担当、kainが再度ステージに登場すると「たばこ」でアダルティックな歌唱を歌声を披露し、フロアの熱気に緩急をつけていくと、いかさんを再度呼び込んで「ロメオ」を披露。普段から仲良しの二人なだけあっての息のあったコンビネーションを見せつけていた。続いてはしゃけみーによる「チュルリラ・チュルリラ・ダッダッダ!」でのコール&レスポンスの応酬、スタンガンの「クイーンオブハート」で会場中を魅了すると、序盤のマイクトラブルがあった「砂の惑星」を再度歌い上げるという、ファンには嬉しいサプライズを敢行した。そして再びしゃけみーがステージに戻ると、「ちゃんるすなら許してくれる!」と、luzが主宰するライブイベント「XYZ」での定番曲「Secret Answer」をネタ混じりのパフォーマンスで披露し、会場はさらにヒートアップ。最後には「すいませんでした!」と二人で頭を下げながらステージをあとにした。再度登場したぷすが「病名は愛だった」をエモーショナルに歌い上げると、客席から「大丈夫?」と体調を崩しているぷすを心配する声があがるも、「彗星ハネムーン」を力いっぱいに披露した。本編最後は本ツアーを座長として引っ張ったいかさんが登場し「+♂」「拝啓ドッペルゲンガー」を披露。この日一番の盛り上がりを見せるフロアを煽動し、ファイナル公演の本編は終了した。会場が割れんばかりのアンコールを唱えると、アーティスト全員が再登場。最後のコメントではいかさんが「新しいメンバーでやるとなった時、どうなるかと思ったけど、みんなのお蔭ですごくいい形になった。ありがとう!」とフロアに向けて感謝の言葉を語り、「いーあるふぁんくらぶ」を全員で大熱唱。2018年最初のETAツアー、ファイナル公演は大団円を迎えた。

撮影=洲脇理恵(MAXPHOTO)
EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2018 -WINTER- @東京公演
EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2018 -WINTER- @東京公演

セットリスト
EXIT TUNES ACADEMY TOUR 2018 -WINTER-
2018.1.28(sun) 恵比寿LIQUIDROOM
1. 東京テディベア ぷす
2. ノンファンタジー いかさん、ぷす
3. ヒバナ この子
4. 砂の惑星 スタンガン
5. rain stops, good-bye kain
6. 盲目の宇宙飛行士 kain
7. シャルル しゃけみー
8. 聖槍爆裂ボーイ しゃけみー、スタンガン
9. とびら開けて いかさん、スタンガン
10. 打上花火 いかさん
11. このピアノでお前を8759632145回ぶん殴る この子
12. 妄想感傷代償連盟 この子
13. たばこ kain
14. ロメオ いかさん、kain
15. チュルリラ・チュルリラ・ダッダッダ!  しゃけみー
16. クイーンオブハート スタンガン
17. Secret Answer しゃけみー、スタンガン
18. 病名は愛だった ぷす
19. 彗星ハネムーン ぷす
20. +♂ いかさん
21. 拝啓ドッペルゲンガー いかさん
[ENCORE]
22. いーあるふぁんくらぶ いかさん、kain、この子、しゃけみー、スタンガン、ぷす


外部リンク(SPICE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス