YouTube、SNS… 今どきの高校生「忙しい」が8割 親世代より増加のワケとは?

実に9割以上の高校生がスマートフォンを所持していると言われる現在、高校生活はその影響を顕著に受けているようだ。このたび「昨今の高校生に関する調査」が実施され、現役高校生を含む16歳から25歳と、以前高校生だった40歳から59歳を対象に、それぞれの高校生活について傾向をまとめた。それによるとスマホやSNSの普及した近年では一日に占める時間の使い方などに変化が生じ、今どきの高校生の方が「とても忙しい」と感じている人が多いという結果になった。

河合塾マナビスが今年1月に16歳~25歳250名、40~59歳250名を対象に行った調査によると、高校時代を振り返って「とても忙しかった」と感じている40代・50代が10.4%いたのに対し、「とても忙しい」と感じている近年の高校生は20.8%と、2倍の差があることが分かった。その他、「忙しい」「すごく忙しい」などを含めると、現代の高校生の方が実に8割近くが忙しいと感じている。

では、なぜ忙しく感じているのか。何に時間を使っているのか聞いたところ、世代に関係なく1位は、高校生の本業である「勉強」。ハッキリと違いが見られたのは2位以降となり、まず40代・50代の2位、3位は「部活動」「テレビ視聴」だったが、現代の高校生は「趣味」「YouTubeなどの動画サービス視聴」がランクインした。現代の高校生でも部活動は30%と多かったが、他に音楽鑑賞、SNS、ゲーム、ネットサーフィン、アルバイト(いずれも20%以上)も多く、勉強の他にしていることが多岐にわたっている印象だ。また帰宅後、日々どのくらいの時間、友達と連絡をとるかを聞いたところ「15分以上」連絡をとる人も44.4%いた(40代・50代では22%)。SNSやアプリなどにより気軽にコミュニケーションを取ることができるため、ここにも時間を費やしているようだ。

それだけやること(やりたいこと)がたくさんある今どきの高校生。それを裏付けるかのように就寝時間にも差が見られた。現在40代・50代の人が高校生だった頃の平均就寝時間帯の1位は23時、2位0時、3位22時だったのに対し、現代の高校生は1位0時、2位23時、3位1時と遅くなっている。夜型にシフトしているようだ。

また「学習塾を選ぶ際に気にすること」について質問したところ、いずれの年代も1位は「自分に合った学習計画や、指導を丁寧にしてくれるかどうか」であった。しかし現代の高校生は6割近くがこれを重視しており、顕著な傾向が見られる。また「価格が安いかどうか」とともに「普段の学校生活と両立できそうなカリキュラムかどうか」を選んだ人の割合も、40代・50代に比べて多かった。

ひと昔前は学習塾も学生が一緒に講師の授業を受けるものであったが、今では「映像授業」や「e-ラーニング」など選択肢が広がっている。勉強も頑張りたい、趣味も満喫したい、そのため「時間が足りない」と嘆く今どきの高校生には、それぞれに合った勉強法を探すことが求められそうだ。

(TechinsightJapan編集部 高沢みはる)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス