最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

冬季オリンピック直前! メダリストを最も輩出した大学、高校はどこ? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スキージャンプ、フィギュアスケート、スピードスケート、モーグルなど、冬のオリンピック競技は華やかで美しい。2018年となる今年は、第23回冬季オリンピックが平昌にて開催予定で、オリンピックムードも全開だ。多くの日本人選手が活躍してきたが、メダルを獲得した選手の母校は、どこが多かったのだろう? 団体競技の場合は1選手につき1メダル獲得として集計し、ランキングにして発表!

冬季オリンピックメダル獲得個数ランキングTOP12

メダル獲得個数ランキング

大学では、1位が早稲田大学、2位が日本大学、3位が明治大学となった。早稲田はなんと金メダリストを6人も輩出! 例えば、フィギュアスケート女子シングルの金メダリスト、荒川静香さんや、同じくフィギュアスケート男子シングルの金メダリスト、羽生結弦さんも早稲田出身だ。

メダル獲得高校ランキングTOP5

メダル獲得高校

高校は、小樽北照高等学校が1位。続く東海大付属、駒大付属もメダルを計4個獲得している。例えば、スキージャンプラージヒル団体で金メダルを獲得した船木和喜さんは小樽北照高等学校の出身で、原田雅彦さんは東海大学付属第四高等学校出身だ。

冬季オリンピックメダル獲得者

メダル獲得者

東海大学付属第四高等学校や小樽北照高等学校など、あまり聞きなれない名前だが、実はメダリストを多く輩出しているエリート校なのだ。

約70年間の冬季オリンピックの歴史の中で、日本人が獲得したメダルは、金が17個、銀が22個、銅が22個だ。2020年の東京オリンピックが迫る中、活躍が期待される選手達を輩出した母校や現在通学中の学校には、これからますます注目が集まっていくだろう。

(出典:『大学なんでもランキング大全』)

(編集:ナカムラ)

外部リンク(エイ出版社)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス