夏帆「女子アナの独特の雰囲気を表現したい」 太賀、夏帆との共演が「とにかく楽しみ」

テレビファン

2018/2/5 15:41


 映画『きばいやんせ!私』の製作発表記者会見が5日、東京都内で行われ、出演者の夏帆、太賀、榎木孝明、愛華みれほかが登場した。

本作は、日本本土最南端の町・鹿児島県の南大隅町を舞台に、将来を見失っていた女子アナウンサーの貴子(夏帆)が自分を取り戻していく様子を描いたヒューマンコメディー。

夏帆は、自身の役どころについて「女子アナなんですけど、あることをきっかけにキャスターの座を下りなきゃいけなくなって、昔住んでいた南大隅町に取材に行ったときに、太賀くんが演じる幼なじみに会って、自分のことを見つめ直していく役です」と紹介した。

役作りについては「アナウンサーの方は独特の雰囲気があるので、しゃべり方だったり、たたずまいがきちんと表現できたらいいなと思って、今実際に同年代のアナウンサーの方に会ってお話をうかがったり、話す練習をしたりしています」と話した。

一方、太賀は「僕は酪農家の息子で、もともと貴子と同級生なんですけど、昔から好きで、ほれている役で、町に来た貴子をアテンドしながら、一緒に町を盛り上げていきます。鹿児島の人の役なので、これから鹿児島弁を特訓したいと思います」と意気込みを語った。

「夏帆の印象は?」と聞かれると、太賀は「夏帆さんとは同じ事務所で、普段の夏帆さんは昔から知っているんですけど、がっつり役者として対峙(たいじ)するのは初めてなので、とにかく楽しみです。一緒に映画を作れることになって幸せです」と喜びを語った。

映画は、2019年初春公開予定。

あなたにおすすめ