美味い!安い!ボリュームがある!中野ローカルが秘かに通う店

TABILABO

2018/2/5 15:00

ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.18 
「中野ブロードウェイ 
その3 B級グルメ」



昨日、一昨日に渡り、紹介してきた中野ブロードウェイもラスト。サブカル古着と続く本日は、B級グルメ。何を隠そうブロードウェイは、和・洋・中と揃った飲食店から、買い食いができるお店まで、バラエティに富んだB級グルメ天国。今回は、俺が独断と偏見で厳選したスポットを紹介しよう。

まずは、地下1階にある『手作り点心 また明日。』肉、エビ、ホタテと揃ったシューマイとボリューミーな肉まんがココの看板。大抵、行列ができている超人気店である。店内にはイートインのコーナーもあるが、天気がよければ、テイクアウトして中野セントラルパークでピクニックもありだ。

次は、同じく地下1階『デイリーチコ』だ。8色のソフトクリームが重なる特大ソフトは、なんと40cm越え。動物性の代わりに、植物性脂肪を使用した逸品は、女性からも人気が高い。テレビや雑誌でとかく注目されがちなソフトの陰で、ローカルから熱く支持されているのが自家製のさぬきうどんである。

3つ目は、4階にあるテイクアウト専門の弁当屋『シャルマン』。ハンバーグなどの400円以下のお弁当に紛れて、名物になっているのが100円ナポリタン。美味さプラス圧倒的なコスパのよさは、ブロードウェイの奇跡とまで言われるほど。ただし、営業時間は、火・水・金の9時半~12時。売り切れ次第、店じまいとなるので要注意。

最後は、『サックザク宝屋』だ。じつは、ここ、毎日が特売日と謳う地下1階のスーパーマーケット。新鮮でお買い得な精肉が大評判なのだが、揚げ物や煮物のお惣菜コーナーも充実している。特筆すべきは、若鶏の唐揚げ。100gあたり100円というだけでもお値打ちなのに、タイムセール時には50%オフになる場合も!男2人でも1パックで大満足できるのは実証済み。

サブカル、古着、B級グルメ。結論、中野ブロードウェイは、1度で3度「美味しい」のである。(おわり)


TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記事を、毎日1本公開していくぜ。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス