シリーズ全作品へのリスペクトを感じる、映画『ジュラシックワールド/炎の王国』の新トレーラー

180205jurassicworld
Image: Universal Pictures/YouTube

J・A・バヨナ監督、わかってらっしゃる!!

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の最新トレーラーが公開されました。『ジュラシック・パーク』と『ロスト・ワールド』の思い出深いシーンと、新たな展開を予想させるワクワクドキドキの連続。見た瞬間から期待で胸が踊るすんごいヤツです!

とにかく、一刻も早くご覧ください。



ベッドルームで寝ている子供を恐竜が襲う…!

この部屋に入ってくる時の爪カツンカツンと緊張感は、『ジュラシック・パーク』で調理場に逃げ込んだティムとレックスを追い詰めるヴェロキラプトルのシーンそっくり!

寝ている少女に忍び寄る恐竜シーンは『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』で浅はかな行動で関係者を次々に危険に晒したサラのテントシーンを彷彿させます。

馬の顔と恐竜の影がリンクしている演出(『パーク』)や、大空を舞うプテラノドン(『3』『ワールド』)とか、ヘリで恐竜が搬送される(『ロスト・ワールド』)のとか、ブラキオサウルスを見上げる人々(『パーク』)とか、トラッキングデバイスで恐竜の位置がわかる(『ワールド』)とか言い出したらきりがないくらい、とにかくシリーズすべてにリスペクトを感じる仕上がりです。

そしてオーウェンの窮地に颯爽と現れるヴェロキラプトルのブルーの格好よさったらありません。信頼関係だなぁ。

恐竜を利用した新たな施設らしきものもちらっと映っていますね。『ジュラシック』シリーズには金の匂いを鍵つけてヒルのように集まってくる奴らが欠かせません。うん、これは楽しい映画であること間違いなし! J・A・バヨナ監督も、今作では脚本と制作総指揮で参加しているコリン・トレヴォロウも本当によくファン心理をわかってらっしゃる。ありがたや~。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の公開は7月13日。夏休み映画にピッタリですね。

Image: YouTube
Source: YouTube

Germain Lussier- io9[原文
中川真知子

あなたにおすすめ