最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

男性からも女性から好かれる「良い人」がやってるモテ会話術3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分を可愛く見せる術を知っていて、異性にはモテるけど同性には敵が多い女性。またはその逆で女友達はいっぱいいるけど、男性にはあまり相手にされない女性。あなたはどちらのタイプになりたいでしょうか。できれば両方から好かれたいですよね。
どのような人がそうなれるかというと、答えは簡単です。心からいい人と思われるような人になることです。

しかしその意図が見え見えだと偽善者というレッテルを張られる結果に。
今回はそんな大惨事を避けつつ自分のモテポイントをあげる話術を3つお教えします。

良い人

■ 1:○○さんがあなたのことをよく言っていた

偽善者と思われてしまう大きな要因の1つは、いいことをしていると同時にそれが自分のためにもなってしまっているということです。なので自分の利益をゼロにしながら他人の評価を上げてしまえば、自身の評価も勝手に上がります。

飲み会の席などで「○○さんがあなたのことをすごく褒めていましたよ」といった内容のことを話してみましょう。自分とは関係のない話で2人もの評価を上げることができる、使えるフレーズです。

■ 2:埋もれた話題を拾いまくる

複数の会話では次々に繰り出される言葉の中に埋もれてしまう話題というものがあります。ある人があることを話そうとしていたとき、違う話題に変わってしまったり別の人が入ってきてしまったり。少し話が落ち着いたときに「さっきの話なんだっけ?」ともう一度拾ってあげましょう。拾われた本人はもちろん、周りも悪い気はしないでしょう。

■ 3:行けたら行くで本当に行く

飲み会のメンバーを集めている幹事に「あなたも来ませんか?」と言われたとき、すぐに返事はしたくないので「行けたら行く」と答える方は多いと思います。誰しもが分かっていますがそのような人は大抵来ません。

なので行く気マンマンの誘いでもとりあえず保留にしておいて、当日普通に来てしまいましょう。幹事も周りも「本当に来た!いい人!」となるはずです。
また一度断った誘いに「予定がキャンセルになって行けるようになった」と登場するのもかなりポイントが高いです。

いかがでしたか?
今回紹介した話術はどれも直接的には自分のメリットにはなりません。なので無理に取り繕う必要もなく自然な感じで実践できるはずです。(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)

外部リンク(愛カツ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス