最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

アジアからメディアカルチャーを発信する総合イベント『MeCA』が間もなく開催 国内外アーティストによる展覧会やライブ、国際シンポジウムも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アジアからメディアカルチャーを総合的に発信する国内初のプラットフォーム機能を持つ総合イベント『MeCA l Media Culture in Asia: A Transnational Platform』(以下、MeCA)が、2018年2月9日(金)~18日(日)まで、原宿・表参道・渋谷エリアの各会場で開催される。
出展作品:坂本龍一+高谷史郎「WATERSTATE 1(水の様態1)」2013年 撮影:丸尾隆一(YCAM)/写真提供:山口情報芸術センター[YCAM]
出展作品:坂本龍一+高谷史郎「WATERSTATE 1(水の様態1)」2013年 撮影:丸尾隆一(YCAM)/写真提供:山口情報芸術センター[YCAM]

MeCAには、国内外より65名のアーティスト、ミュージシャン、ゲストが集結。いままさに急速な発展を続けるアジアのクリエイティブシーンに注目し、展覧会、音楽プログラムをはじめ、ワークショップやトーク、国際シンポジウムなどを通じ、アジアにおける次世代間の交流・協働を促進していく。デジタルテクノロジーの創造性をアート、音楽、教育などから見つめる日本初の総合イベントとして、常に新しい文化を発信してきた原宿・表参道・渋谷エリアで展開し、グローバルシーンに深く根ざしたプラットフォームを創出する。
.左:tofubeats、 中:Ryan Hemsworth 右:Kimokal
.左:tofubeats、 中:Ryan Hemsworth 右:Kimokal
[Morton Subotnick、 Lillevan、 Alec Empire]、 中:Young Juvenile Youth、 右:X0809 
[Morton Subotnick、 Lillevan、 Alec Empire]、 中:Young Juvenile Youth、 右:X0809

イベント情報
MeCA l Media Culture in Asia: A Transnational Platform

日時:2018年2月9日(金)~18日(日)
会場:表参道ヒルズ スペースオー、ラフォーレミュージアム原宿、Red Bull Studios Tokyo、WWW、WWW X 他
実施プログラム:展覧会、音楽ライブ、国際シンポジウム、公募型キャンプ(人材育成事業)、教育普及ワークショップ、トークイベント等

【展覧会プログラム】
会期:2月9日(金)~2月18日(日) 11:00~20:00
(最終日18日(日)は17:00まで/11日(日)は表参道ヒルズ会場のみ18:00まで)
会場:表参道ヒルズ スペース オー、 ラフォーレミュージアム原宿 出展アーティスト:坂本龍一+高谷史郎[日本]、 平川紀道[日本]、 Guillaume Marmin and Philippe Gordiani[フランス]、 Couch[日本]、 Bani Haykal[シンガポール]、 Tad Ermitaño[フィリピン]、 Kawita Vatanajyankur[タイ]、 Studio The Future[オランダ]
【音楽プログラム】 日程:2月9日(金)OPEN 20:00 / START 21:00(WWW)・22:00(WWW X)/ CLOSE 5:00
会場:WWW、 WWW X(渋谷)※2会場同時開催
「BORDERING PRACTICE」(WWW X)
プログラムディレクター:tomad(オーガナイザー、 DJ、 Maltine Records主宰) [日本]、
出演者:tofubeats[日本]、 Meishi Smile[アメリカ]、 similarobjects[フィリピン]、 KimoKal[インドネシア]、 Ryan Hemsworth[カナダ]、 Meuko! Meuko![台湾]、 PARLGOLF[日本]
「Alternative SOUND + VISION」(WWW)
出演者:Morton Subotnick[アメリカ]、 Lillevan[ドイツ]、 Alec Empire[ドイツ]、 Jacques[フランス]、 Young Juvenile Youth[日本]、 Jean-Baptiste Cognet and Guillaume Marmin[フランス]、 X0809[タイ]

外部リンク(SPICE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス