寒すぎてもう無理! かさんでいく暖房代にちょっとした工夫を

しらべぇ

2018/2/5 10:00


(Art-Of-Photo/iStock/Thinkstock)

東京でも22日に降った雪がまだ溶けずに残っているなど、今年の寒さは全国的にかなり厳しめ。朝、布団から出られない…と苦しんでいる人も多いのでは。

タイマーで暖房をつけておくのも手だが、どうしても気になるのが「暖房代」。

■暖房つけないと…


しらべぇ編集部が全国20代~60代の男女1,328名を対象に「冷房代と暖房代の違い」について調査したところ、全体の45.4%が「暖房代のほうがかかっている」と回答。

(©ニュースサイトしらべぇ)

地域でかなり差が開いており、北海道は65.6%、東北は67.6%と高い割合なのに対して、九州・沖縄は33.6%。30ポイント以上の違いがあるのだ。

寒い地域からすれば、「冬の暖房代はどうしてもかさんでしまう」だろう。

「北海道に住んでいて、冬の暖房代は2万超えるくらいかな。旦那の会社からは暖房手当が出ているので、それでまかなっている感じ」(30代・女性)

「家でも凍えるくらい寒いので、そこを節約しよう…と思えない」(40代・男性)

■どんな暖房器具を使ってる?


そこで、どんな暖房器具を使っているのかを、全国20代~60代の男女1,342名に調査。

(©ニュースサイトしらべぇ)

やはり、ダントツの1位はエアコン。操作も簡単な上に安全、さらに冷暖房どちらもいけるので使用者が多いのだろう。

しかし、北海道や東北といった寒い地域に限定すると、ストーブが1位になっているのだ。北海道のストーブ使用率は、なんと61.7%。確かに北海道の一軒家には、灯油を入れるための大きなタンクが置いてある…。

■道具で「暖房」に頼りすぎない工夫も


暖房時の室温を20℃で快適に過ごすライフスタイルを推奨する「ウォームビズ」では、「暖房に頼りすぎない」工夫を紹介している。

例えば、家の中でもひざ掛けを使用したり、湯たんぽを使ったり。さらには寝るときに「首にタオル」を巻くことで隙間から入ってくる冷気を防いでくれるんだとか。

窓に断熱シートを貼ったり、厚手のカーテンに付け替えたり…は難しくても、これなら実践できそうだ。

どうしても暖房代がかさんでしまう季節。特に今年は寒さが厳しいため、例年以上に「額がやばい」ことになっている人も多いはず。

ちょっとした工夫で、身も心も、お財布もあったかくなれるかも。

・合わせて読みたい→すでに半袖の「健康優良児」は関東に多い?男女差も歴然

(文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,328名/1,342名 (有効回答数)

あなたにおすすめ