「他人に左右されない人生」を送れる人って、つまりこういう人。

TABILABO

2018/2/5 09:59


あの人はなぜあんなに凄いんだろう──

認めたくないけど認めざるをえないほど、圧倒的に強い個性を放つ人っていますよね。でも一体なぜ?どうやって?

ライターのLachlan Brownさんが、その“謎”を「Ideapod」で紹介しています。


あなたに良い事が起きた時、誰も一緒に喜んでくれないということはありませんか?

でも、彼らはあなたのことを嫌っているわけではありません。ただ、パーソナリティーがあまりに個性的すぎるため、大半の人はどう扱っていいか分からないでいるのでしょう。

特にこれは、社会がつくり上げた小さな枠組みにあなたが従わない時に起こります。何をしようと一緒に喜んでくれなかったり、理解してくれない人がでてくるということが。

でも、彼らを気にする必要はありません。なぜなら、あなたは目の前の自分の人生に一生懸命だから。このように独特なパーソナリティを持つあなたには、以下の7つの特徴があります。

01.
失敗を恐れない



あなたは、失敗の恐怖に負けず、人生でやりたいことのすべてに挑戦する人でしょう。そもそもやりたいことに挑むのは、あなたにとってはとても楽しいことのはず。

外に出てやりたいことをしている一方で、一部の人たちは自宅に引きこもりテレビ番組の再放送を見ています。彼らは新しいことに挑戦したら何が起こるのかを考え、恐れているのです。

周りの人があなたの勇敢な性格を、常に支持するとは限りません。が、そもそもあなたはあまりに忙しすぎてまったく気にならないでしょう。

02.
噂話や陰口が嫌い



あなたは誰かを気落ちさせるというよりも、褒めて盛り上げていくタイプ。噂話が人を傷つけることや、それが誰か(特にあなた自身)を成長させないことを知っています。

だから、誰かが近くで噂話をしていても、あなたはそれに加わらないでしょう。参加しないことを嫌がる人もいるでしょう。でもあなたは、自分と無関係な人の話をして時間を潰すほど愚かではありません。それに、人のことに口出ししたくもないでしょう。逆に口出しされることを嫌うはず。

03.
人の話を聞くことが好き



あなたは素晴らしい人ですが、つねに自分のことを話している訳ではありません。初対面の人のことを知ることが大好きで、彼らの生活や経験、成功の話を聞きたいと思っています。

あなたは「聞くこと」は重要なことだと自覚していて、それが理由であなたを称賛する人もいるでしょう。しかしその一方で、あなたが“いい人”であることを良く思わない一部の人もいるはず。でも、そんな人たちは無視してしまいましょう。

信じてください。彼らはやがて、あなたのことを気にかけはじめますから。

04.
ネガティブな人とは
友達にならない



独特で強い個性の持ち主は、あるタイプの人たちとは友人になりません。そのあるタイプには、ネガティブで無知で自己中な人が含まれます。

あなたの友人の輪は小さいけれど絆が強く、そのことについて不満は浮かばないはず。人生にポジティブな影響を与えてくれる人たちと一緒にいたいから。だからネガティブな要素が入り込む余地などないのです。

05.
“愚かな人”を好きになれない



「愚かさ」は、強欲、無知、無礼、自己中、能力が低いなど、あらゆるタイプの人たちを表すために使われる言葉。あなたの人生に、「木を見て森を見ず」というような人が入り込む余地はないですし、貴重な時間を無駄にしてまで、彼らにわかってもらおうとは思わないはず。

06.
自分で自分の
「サポーター」になれる



誰かからあなたがどれほど素晴らしい人物であるかを言ってもらう必要はありません。自分の素晴らしさを、すでに知っているのですから。

一部の人にとっては信じがたいことかもしれませんが、困難な時期には自分自身を励まし鼓舞することもできます。他の人が悲しみに浸っているなか、次に何ができるか考えることができるのです。

07.
あえて不安に挑むことができる



あなたは決して、なにかに(特に自分自身に)自分がやりたいことを邪魔させたりしないはず。自分が欲しいことを追求したくてたまらないからです。

周りの人は、あなたがどのようにして不安に打ち勝ち、夢を実現しているかわからないでいるし、ずっとそうかもしれません。

でもあなたは、きっとできると信じています。他人からどう思われようとも、最高の人生を生きるために、辛いことや不安なことを乗り越え、進み続けていくでしょう。



【TABI LABOのsarahahができました◎】

・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと

などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ

Licensed material used with permission by Lachlan Brown

あなたにおすすめ