どうしてもマスクが着用できないなら、マスクを鼻に入れるという手段もある【今日のライフハックツール】


風邪のウイルスが猛威を振るう季節でも、マスクが着用できない職業があります。特に接客業では、マスク着用が認められない職場も多いようです。また、女性の場合はマスクによる化粧くずれも気になるところ。

やわらか鼻マスク』は外からも見えにくい、鼻の穴に挿入するタイプのマスクです。

『やわらか鼻マスク』を開発したバイオインターナショナルでは、フィルターの検査を行い、PM2.5黄砂花粉粉塵や飛沫ウイルスなどを99%シャットアウトすると発表しています。

実際に装着した感想ですが、鼻に何か入ってる感は確かにあります。それでも、気になって仕方ない、さっさと外したい!というレベルではありませんでした。また、息苦しさについては、普通のマスクとの大きな差は感じませんでした。
180202_nosemask_002
Photo: 藤加祐子

肌に触れる部分の素材はエストラマーで、両鼻のフィルターが外枠でつながっている状態です。

装着するには、マスク本体を指先でつまみ、鼻の穴に両方同時に入れます。片方ずつ入れようとすると、片方だけ深く入り込む場合があります。何度も装着し直すと壊れてしまうので、両方の鼻の穴にそっと同時に入れるのがコツ。

取り出すときは、片方の小鼻を優しく押さえて、中央のループ部分を優しく引っ張ります。外したあとは水洗いし、乾燥させます。『やわらか鼻マスク』1つにつき、1日2回洗うとして5日間繰り返し使用することが可能。
180202_nosemask_003
Photo: 藤加祐子

接客業でマスクを着用しない理由としては

・店員の顔が見えづらくなり、お客様に失礼だから

・風邪をひいた状態で接客しているの?と、誤解されるため

など、さまざまなものがあります。それでも笑顔を絶やさない接客業の方には、大事な体を守ってほしいと願うばかりです。

風邪のシーズンが過ぎると、いよいよ花粉のシーズンに突入です。マスクを直接鼻の穴に入れるのも、防衛手段の1つとして覚えておきたいですね。

Photo: 藤加祐子

Source: バイオインターナショナル

Reference: YOMIULI ONLINE

あなたにおすすめ