手強い乾燥ボディにはオイルが最適【+αのオイル3選】




乾燥に悩む冬。ボディケアが1年の中で最も欠かせないのがこの時期です。きちんとケアしているつもりなのに、なぜか効果がイマイチ……。
もしかすると、アイテムではなく、使用方法でそのお悩みが改善されるかもしれません。今回は、保湿アイテムの中でもオイルに重点を絞って、効果的な使用方法と、オススメのアイテムをご紹介します。

乾燥対策に最も効果的な時間

ボディ・顔・唇・ヘア。一番デリケートな状態は「濡れているとき」です。イメージしやすいのはお風呂上がりですね。ほとんどの方がお風呂上がりにケアをすると思いますが、この時期はお風呂上がりだと間に合わない場合も多いのです。
例えば手荒れ。手荒れの原因は水仕事や洗剤だけが原因ではありません。水分が残っている状態で放置してしまうのが手荒れの原因の一つでもあるんです。髪の毛も同様で、自然乾燥を繰り返すことでキューティクルが傷んでしまいます。

肌や髪が濡れている状態でケアをして、余分な水分を残さないこと。

これが、一番乾燥から防ぐ方法になります。

目的に合うオイルを選ぶ

基本的にオイル自体は保湿効果が強いので、+αの目的に合わせて選ぶのがおすすめ。お風呂上がりではなく、浴室で体が濡れている状態のときに馴染ませてあげましょう。そのあとに体を拭いて、物足りない部分にはさらにつけてあげても良いです。

+αオールインワン



顔にも体にもヘアにも使いたいという欲張りな場合にはNUXEのプロディジューオイルがおすすめ。香りも柑橘系とバニラの香りでリラックスします。さらっとした使用感で、スプレータイプなので手軽につけることができます。

+α引き締め



引き締め効果で選ぶならフレイオイルのシェイピングオイル。伸びがよくマッサージに適しています。コスパも良いので、全身にたっぷり使えます。他にもにきび跡やくすみ用オイルや、マタニティラインのマッサージオイルもあり、どれも使用感がよいのでおすすめです。

+α燃焼



同じマッサージオイルでも、こちらは脂肪燃焼に特化したボディオイル。MELVITAのロゼエクストラ ブリリアントボディオイルをつけてマッサージをするとポカポカする感じがします。香りもブラックペッパーエキスが含まれるエキゾチックな香りです。

オイルが一本で、楽しく美容週間を

オイル単体の効果は乾燥対策にはもってこいですが、なんといってもオイルの魅力は使い方の幅がとても広いということ。化粧水に混ぜて使っても良し、保湿後のラストに使っても良し、寝る前のパックとして使っても良し、ファンデーションに少し混ぜて使っても良し。

乾燥が気になる今だからこそ、オイル美容にぜひ挑戦してみてください。

あなたにおすすめ