最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

「ろ過システム」を自分で作る! 『鉄腕DASH』TOKIOの知識と経験が凄すぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(©ニュースサイトしらべぇ)

4日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)は、「新宿DASH」。城島茂と国分太一が水を「ろ過」するシステムの製造に着手する模様が放送された。

■水の濁りを見た城島と国分は…


昨年12月24日放送回で製造した「池を作るためのシステム」の様子を確認するため新宿ベース基地を訪れた城島と国分は、早速ワイン樽にたまった水をチェック。

雪が降ったこともありしっかりと貯水されていたものの、排気ガスやホコリの影響でかなり濁っており、その水は生物を呼べるレベルではないことが判明。

そこで城島は、7年前福島DASH村に導入しようとしていた「砂・炭・小石を利用したろ過システム」の製造を提案。早速着手することになり、まずは資材を集めることに。

■城島が砂と小石を調達


国分が「砂をどうやって集めるかだよね」と相談すると、城島は「もう手配済みやから」と業者のような発言。

程なくして城島が軽トラックの荷台に大量の砂を乗せて登場。DASH海岸を掃除した際に取り除いたものを持ってきたのだという。

また、砂のなかにはある程度の小石も含まれており、ザルで選別。一瞬にしてろ過システムに必要な2つの要素をゲットする。

■炭は「作るしかない」


残るは1つの要素、炭。ホームセンターなどで購入すれば済むのだが、そこは『鉄腕DASH』。「作るしかない。新宿にあるものを炭にしちゃおう」という結論に。

非常に難しい話のようにも思えたが、国分はかつて福島DASH村で炭を11年焼いた経験があり、「植物なら大丈夫だと思う」と自信満々。

炭の材料となりうる植物を探し歩くところで、コーナーは終了となった。

■豊富な知識と経験に驚きの声


城島と国分はろ過システムの製造方法を過去の経験から熟知し、すぐに製造に着手するという他人には真似のしづらい芸当を見せた。

そんな2人に、視聴者からは驚きの声があがった。












■その知識は本職レベル?


毎回のことながら、高い知識と経験を番組内で見せたTOKIO。その知識は、本職に引けをとらないレベルであるとの声がある。

しらべぇ編集部が全国の20代~60代のTOKIOを知っている人1,233名に、TOKIOの知識について聞いた調査では、50.7%が「本職に引けをとらない」と回答。

(©ニュースサイトしらべぇ)

その知識を認め、本職レベルと感じている人は、多数存在している。今回の放送で、その思いを強くした人も、多いのではないだろうか。

・合わせて読みたい→「膝と腰の調子が悪い」 『鉄腕DASH』番組にイジられる城島茂の体調に心配の声

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治イラスト/ほうじちゃ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年8月25日~2017年8月27日
対象:全国20代~60代のTOKIOを知っている人1,233名(有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス