誕生日カードに同封された現金を盗み続けていた郵便配達人、実刑免れる(英)

郵便物が届かないというケースはどこの国でも発生しているが、このほどイギリスで受取人が心待ちにしているであろう誕生日カードが入った封筒を狙って、現金を抜き取るという窃盗行為をして逮捕されていた郵便配達人の裁判が行われた。英メディア『The Sun』『Metro』などが伝えている。

元陸軍予備役ジョーダン・クレイグ(30歳)は、ノリッチの「Royal Mail(ロイヤルメール)」で郵便配達人として働いていた2016年1月から2017年3月の間、現金が同封されている確率が高い子供たちへの誕生日カードを狙って窃盗を働いていた。

ジョーダンは、宛名に“Master(マスター)”や“Miss(ミス)”と書かれた郵便物をターゲットにし、こっそりと中身を確認。開けた時に現金が入っておらず郵便物が破損していないようならば受取人のもとへ配達したが、破れたりなど何らかのダメージを与えてしてしまった時には自分のロッカーに隠しておくという行為を繰り返していた。

ジョーダンに不審を抱いたRoyal Mail側が、昨年2月から3月の間に現金の入った郵便物を試しに準備し彼に配達を依頼したところ、犯行が明るみに出た。調査では、開封後に破損して配達不可能となってしまった83もの手紙や小包が勤務先のロッカーから見つかったという。

今年2月1日、ノリッチの治安裁判所へ出廷したジョーダンは4件の窃盗罪と1件の郵便物を開封した罪を認めたが、「金欠状態に陥っていた。精神疾患を抱えたパートナーがいるので、そのサポートをしたかった」などと弁明したようだ。しかしグゥエン・ウィリアムソン検察官は「Royal Mailで働く郵便配達人は、郵便物を速やかに届けるという信頼を崩してはならないのは明らか」とジョーダンを厳しく糾弾した。

その後、ジョーダンは法廷で「Royal Mailの信頼と、それを利用する人々の信用を失わせるようなことをしてしまった。こんなことをするべきではなかった。助けが必要だったが他に救いの手を求めるべきだった。今後は、借金を抱える人々にアドバイスを与える慈善団体に依頼して、借りているお金を少しずつでも返していきたい」と話した。

今は無職のジョーダンには1年半の執行猶予付き18週の有罪判決および120時間の無収入労働、12日間のリハビリテーション、115ポンド(約18,000円)の課徴金の支払い命令が下されたほか、盗んだ郵便物への損害賠償についてはジョーダンの年金から5,000ポンド(約78万円)の支払いを命じられたのみで、懲役刑は免れた。

このニュースを知った人からは「また執行猶予だけ? いい加減聞き飽きた」「子供たちへの郵便物を盗むなんて酷い」「うちの孫の誕生日カードも届かなかったって言ってたけど」「いつも法廷では誰かが“精神疾患”を言い訳にしてるよね」「この男は、私の夫を含んで真面目に郵便物を配達している人たちの顔に泥を塗ったわ」「こいつがしたことには何の言い訳も通用しない」「年金をもっと奪ってやればいい」「いや現金は入れちゃダメだよ。誕生日カードだと一目でわかるようなカラフルな封筒もダメ」といった声が相次いでいる。

画像は『Metro 2018年2月1日付「Postman stole cash from children’s birthday cards he was meant to deliver」(Picture: Archant)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

あなたにおすすめ