【使える豆知識】プロジェクターの光を顔半分に当てると「世界的アーティスト風写真」を簡単に撮れるぞ~!



ここ数年のスマホカメラの進化は目覚ましい。高価なカメラがなくても、SNSに投稿するくらいの写真ならスマホカメラで十分だ。撮影方法を少し工夫すれば、かなり見栄えする写真を撮影することも可能である。

そこでお伝えしたい! プロジェクターの光を使って「世界的アーティスト」みたいな写真を撮ることができるぞ! インスタ映え間違いナシッ!! カンタンなのでぜひとも試してみて欲しい。

・顔半分にプロジェクターの光を当てるだけ
この方法は、私(佐藤)の知人・品川氏が社長を務める映像制作会社「トボガン」のホームページを見て思いついたものだ。品川氏のプロフィールページを見てみると……

オッサンが顔半分にプロジェクターの光を浴びているだけなのに、なぜかカッコイイ! これ、自分でもできるんじゃないのか? と思ったので、やってみることにした。

はたして、プロジェクター効果でどれだけカッコよくなるのか? 世界的アーティスト感は出せるのか?

・やり方
早速プロジェクターを準備して、部屋の明かりを消す。

顔半分に光を投影するだけなので、投影するモノはこの際何でもいいだろう。プロジェクターのスタンバイ画面で十分だ。

そして顔半分に光を浴びながら、実際に写真を撮ってみると……

ええやん? ちょっとカッコええやん?

画像をちょっと加工して、縁をつけるとかなりサマになる! 即席で世界的アーティストの完成や~!!

今度はプロジェクターの方で投影する色を変えて、濃い青にしてみると……

イイ! カッコイイ!! いるわ、こういうアーティスト!

後ろのブラインドがかなりいい味出してる。先の画像と同じように、色や明るさを加工して、縁をつけてみると……

前衛音楽のアーティストみたいになったぞ! 文字を載せるとさらにそれっぽい。

・いろいろアレンジしてみよう
ということで、人とは違うプロフィール写真を撮りたかったら、プロジェクターを活用しよう。ポイントは顔半分に光を当てることだ。使い方次第で、写真のバリエーションが広がるぞ~ッ!!

Report:佐藤英典
Photo:トボガン, used with permission / Rocketnews24.

画像をもっと見る
Related Stories

あなたにおすすめ