最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ケヴィン・スペイシーをセクハラ告発した俳優「語ることで、他の人達を救いたかった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
映画やテレビドラマで活躍する俳優アンソニー・ラップ (46)が昨年、“10代のある日に起きた衝撃的な出来事”を回顧。『Buzzfeed News』の取材に応じ、「1986年に自宅でパーティをするからぜひ」とケヴィン・スペイシー(58)に誘われたことを明かした。(当時26歳の)スペイシーはラップを抱き上げるとベッドに横たわらせ、彼にのしかかり関係を求めようとしたという。ラップはスペイシーを押しのけて難を逃れたと暴露し、スペイシーは謝罪したものの「覚えていない」と釈明していたが…。

「この出会いについて、実は覚えていないのです。30年以上も前のことでしょうから。しかし私が彼の言うような振る舞いをしたのであれば、真摯に謝罪せねばなりません。不適切極まりない、酒に酔っての行動だったのでしょう。彼が何年もこのような感情を抱き生きてきたと知り、申し訳なく思っています。」

アンソニー・ラップによるセクハラ被害告白に続きそのように釈明し、さらにゲイであることも告白したケヴィン・スペイシー。同件につきラップが再び口を開き、人気番組『The Talk』にてこう語った。

「僕には“自分に起きたこと”につき話すことしかできません。でも、他にもいろいろなことが起きていると知っていたのです。」

「だからこう願っていました。自分が被害を訴えることで、他の人達が同じように真実を語るようにと…。」

「被害の暴露がリスキーなこと…それは自分にも分かっていました。彼の人気が高いこと、そして彼が尊敬される俳優だということも。でも僕は、(被害を告白することで)他の人達を守ろうとしていたんです。」

「結果、多くのサポートを得られたことを非常に嬉しく思っています。」

これによりスペイシーは大きな仕事をいくつも失い、しかも謝罪時に「これからはゲイとして生きます」と告白したため「ゲイだからといってセクハラ行為に走るとはもってのほか」とさらに批判を受ける事態となった。

長いあいだハリウッド映画界にはびこっていたセクハラ問題だが、長年被害を伏せていた人々が昨年一気に名乗り出たことで、女性達のみならず男性達、また子ども達も被害を受けていたことが明らかになった。ラップを含む勇気ある人々の告白により、多くの人々が難を逃れたこと、またセクハラ被害の拡大に歯止めがかかったことは間違いないだろう。

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス