かつてテレビに映っていた小室哲哉の不倫疑惑の相手

まいじつ

2018/2/4 19:00


(C)まいじつ

週刊文春』に看護師との不倫疑惑を報じられた小室哲哉が記者会見を開き、音楽活動からの引退を発表したのは1月19日のことだった。

「不倫疑惑にどう答えるかが注目されていたのですが、いきなり引退表明の記者会見になりました。その背景には、2011年にくも膜下出血を発症して療養中の妻のKEIKOへの介護疲れがあることを明かし、これまでスクープを連発し、“文集砲”と持て囃されて週刊文春に批判が殺到する事態に発展したのです。後日、文春の編集長が出席したトークイベントで『こちら側の意図するものと、伝わり方に大きなギャップが出てきている。予想できなかった』と弁明する一幕もありました」(芸能ライター)

週刊文春が報じた不倫疑惑は、小室が通院していたクリニックで親密になったシングルマザーの女性看護師と、ホテルや自宅で密会していたという内容だった。

そのクリニックは“ニンニク注射”で知られ、芸能人御用達だそうだが、その看護師について小室は会見で「男女の関係はありません」と不倫関係は否定。その一方で週刊文春には《柴咲コウ似の美人》と書かれていたため、こちらにも注目が集まった。

文春の記事に食い違いも?


「記事にもありましたが、2016年8月13日放送の『Cross road』(テレビ東京系)で小室にニンニク注射を打つ彼女が映っています。インターネット上ではその動画が拡散され、確かに美人なのが分かりました」(夕刊紙記者)

この番組によって女性看護師の姿が拡散されたことで、また新たな疑惑も生じている。

「以前、看護師転職サイトに彼女らしき女性の記事が掲載されていたのも発見され、名前も判明しています。ただ、そこでは平成24年にクリニックから転職したと記されているのに対し、文春の記事中にある『(クリニックに)6年ほど前から3年ほど勤めていた』というコメントからは時期がズレており、そこは謎です」(同・記者)

真相はいかに。

あなたにおすすめ