チャーリー・プース、セレーナ・ゴメスとの恋を回顧 「すごく辛かった」

過去にごく短期間ではあるものの、コラボの相手であったセレーナ・ゴメスと恋仲だったという歌手チャーリー・プース。その彼がセレーナに心を奪われていた時期を振り返り、決して楽しい恋ではなかったと告白、さらにその理由も明かした。

ファーストアルバム『Nine Track Mind』に収録された楽曲『We Don’t Talk Anymore』でセレーナ・ゴメスとコラボしたチャーリー・プースが、このほど『Billboard』のインタビューを承諾。そこでセレーナとの恋を回顧し、このように述べた。

「セレーナとの恋はあっという間に終わったんだ。本当に短期間だったけれど、インパクトのある恋だった。僕はもうボロボロだった。」

「そうだな、つまり彼女が想っている人間は僕だけじゃなかったってこと。僕にも分かっていたんだと思う。自分がどのような状況に陥っているのかね。」

チャーリーは「セレーナが望んでいる相手は自分ではない」と確信し、関係に終止符を打ったそうだ。しかしセレーナと一時でも恋仲になったことやコラボしたことは後悔していないらしく、チャーリーはこうも語っている。

「彼女と仕事ができたのは、本当に喜ばしい経験だった。だから今もこの曲を喜んで歌えるのさ。苦く暗い思いをしたにもかかわらずね。」

当時のチャーリーとセレーナは交際を伏せていたのだが、チャーリーはSNSでセレーナをフォローすることを止め、PVにもセレーナは登場せずじまいに。また2016年に米ダラスでショーを開催した際にチャーリーは同楽曲でファンを沸かすも、突如「F*ck you、ジャスティン・ビーバー」と発言。この様子をとらえた映像が瞬く間に広まりジャスティンのファンから猛批判を浴びたチャーリーは、後にこうツイートしていた。

「僕はジャスティンの大ファンなんだ。彼について、あと彼の音楽についても賛辞しかないよ。」

「どうか僕を許してほしい。僕は意地の悪い人間じゃない。」

「誰かを怒らせてしまったのなら、本当にごめん。特にジャスティンに謝りたい。」

「彼の仕事にインスパイアされている。故意に、または公に彼をバッシングするなんて絶対にしない。」

しかしこの流れから行くと、その時は“元・恋人”だったはずのジャスティンをセレーナは想っていた可能性が高そうだ。ちなみにその後、セレーナは紆余曲折を経てザ・ウィークエンドと交際するも破局し、昨年にはジャスティンとの交際を再開している。

画像は『Charlie Puth 2017年8月21日付Instagram』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス