要注意! 「セカンド候補リスト」に入れられてしまう女性の特徴&“本命彼女”になる方法

ウレぴあ総研

2018/2/4 18:00

大好きな彼と付き合えそうでまだ付き合えていない。まだ彼女にも彼女候補にもなっていない。そんな微妙な状態の場合、彼は心の中であなたを「いつかやれそうな女」と判断して“セカンド候補リスト”に入れている場合があります。

世の中、そんなことを考えている男ばかりではありませんが、ズルい考えを起こしている男がいることも事実。今回は、「セカンド候補リストを作る男の考えと、付き合える方法」について探ってみます。

■どんな男がセカンド候補リストを作る?

セカンド候補を作る……とはいっても、女をリストアップしたりうまくつながりを持ち続けたり、たいていの男はマメではないので、そんな作業はけっこうめんどくさいです。それでも作る意欲があるのは、時間を有効活用する器用な男だから。合理的な思考回路なのでしょう。

もともとモテて話もうまいタイプ。そうでなければ女を何人もローテーションすることはできません。

■どんな場合にセカンド候補リストを作る?

恋人にはしたくない。でもいつかできるかもしれないので、つながりを持っておきたい。それがセカンド候補を作る大きな理由ですが、もう一方で本命がいるけれど、ケンカしたときや別れそうになった時のゴタゴタの気分転換に、という理由のこともあります。

今の時点でとくにセカンド彼女がいらなくても、とりあえず候補リストは作っておいて、効率よく回すのです。

■どんな女が狙われる?

注意すべき点は「あなたじゃなくてもいい、やれそうならだれでもいい」ということ。させてくれそうな人をセカンド候補リストに入れ、そのリストの順番で連絡していきます。

  • 優しい女
  • 彼のことがとても好きな女
  • 恋人がいそうな、またはいる女
  • 男女の深いつきあいを軽く考えていて断らない女
と、リスト上位はこのような感じです。該当していませんか?

相手からいきなり連絡が来る、当日会う約束ばかり……の場合は、あなたがセカンド候補リストに入っているためです。

■セカンド候補でも、誘いは直球じゃない

いざ会っても、なかなかエッチができないと男はストレスがたまります。そして、だんだん誘わなくなるのであなたがセカンド候補だとわかります。

当たり前ですが、はっきり「君はセカンド候補」なんて言いませんし、直球でエッチに誘ったりはしません。「なんとなくそうなった」という雰囲気に持ち込みます。そのほうが楽ですからね。

イメージ的には「強引に誘ってセカンドにしちゃう」…みたいに思えますが、そうでもありません。そこは気を使っているようですね。

LINEの反応はどんな感じ?

LINEやメールをすれば返事は来ますが、その一回で終わることが多いでしょう。そしてあなたへの質問は、あまりありません。

挨拶がわりの近況を送ると、こちらの近況に興味をしめさずに彼の近況の報告で終了。でも全く返事が来ないわけではないので、わかりづらいです。

しかし食事や飲みには行き、手を握ってきたりハグしたりはするでしょう。ムードを出してそこでオッケーが出るか出ないか見ています。その日が空回りで終わったら、疲れてがっかりした気持ちだけが残ります。

そうは言ってもリストには他の女もいますので、食事や飲みの誘いに積極さはないでしょう。

■セカンドはイヤ!本命になりたいなら

このような男はモテるため、罪悪感はとくにありません。セカンド候補リストから誰かが外れれば、誰かを入れるだけです。

「楽しければいいと思わない? キミもそうだろ?」といった考えの人間なので、深入りしないほうがいいのですが「絶対付き合いたい、落としたい」のなら……。

    • 彼の考えが変わるまで待つ。(ただし、途方もない時間がかかる)
    • 彼を本気で好きにならないようにし、冷静にこのまま仲の良い関係を続ける。「もうちょっとって感じだけど、この子とは付き合わないとできないんだな」と思わせる。
プラトニックなままだと女はそれほど「好き・愛してる」という気持ちを抱きにくいと思います。エッチをさせないで楽しく過ごし、彼に「楽しいけれど交際しないとできない」と気づかせる、というのが最善策です。

あなたにおすすめ