最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

収納 

これならできる!片付く人の簡単「収納テク」7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
収納のためのアイディアではない、片付けやすいリアルテクをご紹介します。
どんなにいいアイディアでも無理なくできる収納法でないと、すぐに散らかってしまいます。整理収納のプロやブロガーさんが実際にやっているのは、とってもシンプルなことばかり。その中から、これなら今すぐできる!方法を見つけて取り入れてください。

1. 細い収納の突っ張りテク

横幅の狭い収納スペースに小さな持ち物をしまうのなら、不便を感じることがありません。それでも棚にモノを置くと、上のほうに隙間が空いてしまい、スペースを使い切った気がしないせいで不満が少し残ります。
上:ペーパータオルホルダーとして 下:フックで吊るす収納、残った隙間は挟む収納に利用
そんなときに活用したいのが突っ張り棒で、100円ショップにある短いタイプが便利です。平行に2本突っ張れば、小物を置く棚として利用可能。1本でもS字フックを加えて、吊るす収納として使うことができます。

2. 未利用な場所にフックテク

日常的によく使うモノは、棚や引き出しにしまうと使う機会が減ってしまいがち。だからと言って、部屋のそのへんに出しておくとゴチャつきのモトになってしまいます。気軽に使えて、すぐに戻せる散らばらないやり方は、引っ掛けるだけの方法が最適です。
収納家具の脇に注目! 家具と壁の間に残ったわずかな隙間が引っ掛け収納のスペースになる。賃貸でも気兼ねは不要
粘着タイプか押しピンタイプのフックなら、収納家具の脇や収納扉の裏側にも簡単に取り付けられます。クローゼットならベルトやネクタイ、下駄箱では鍵や折りたたみ傘、本棚の脇を使えばウォールポケットを引っ掛けて郵便物の整理に使うことができます。

3. 重ねない縦収納テク

書類や衣類はつい重ねてしまいがちですが、下になったモノが活かせなくて困るというのは誰しものこと。立てられるモノは棚に立てて置いておくと、ひと目で見渡せて出し入れもしやすいというメリットが実感できます。
スタンドやボックスは無印良品、IKEA、ニトリ、カインズ、100円ショップなどで市販されている
重ねるつもりはないけれど、倒れやすいバッグは立てて収納したいから、ファイルボックスやブックエンドを利用
モノの種類が多くて出し入れを頻繁に行うキッチンでは、フライパン、鍋のフタ、お皿、ランチョンマット、お盆などは立ててしまう縦収納が便利です。

ディッシュスタンドをはじめ専用用品もありますが、ファイルボックスやブックエンドといった文具も便利。手に入れやすくて、プラスチックやメタル製の素材を選べば、手入れが簡単です。

4. ゴチャつき服をしまうテク

「衣類をたたむのが面倒だから、そのまま引き出しに突っ込んでいる」という声をよく耳にします。しまってある衣類が少ないときには問題ないのですが、靴下や子どもの肌着はゴチャ混ぜになりがちです。
左:牛乳パックをカットして再利用した仕切り 右:出し入れしていると、たたんだ服が崩れがちなので、市松模様に並べるやり方もある
小さな衣類をしまう場合は、引き出しの中に仕切りを入れておくと、きちんとたたまなくても上手くまとまります。1つの区画ごとに、軽く丸めた衣類をしまえばOK。市販の仕切り板を組み合わせるのは意外と厄介ですが、仕切りの入ったケースなら中にはめ込むだけなので簡単です。

5. 狭い水廻りの吊るすテク

洗面所と浴室にしまっておきたいアイテムが多いのですが、広さの関係で収納スペースが不足しがち。棚や引き出しを何とか使いこなして収納しようとしても、限界があります。
洗面浴室の壁がタイル仕上げになっていたら、吸盤タイプのフックやタオル掛けが使える
それならば、無理にしまわなくてもいいモノは出しておこうと、割り切るのが1つの解決策です。とは言え、洗面台や床に置くと邪魔になるので、吊り下げられるモノを優先的に出しておくことにします。収納扉にフックやパイプを取り付けたり、タオル掛けに吊るしたりしてみましょう。

浴室の場合はボディブラシや掃除道具を吊るしておくと、自然乾燥ができるのでカビの予防につながります。

6. 靴だらけの玄関のスッキリテク

玄関のタタキに出したままの靴が1足もないというのが理想ですが、その日にはいた靴や普段履きのモノがいくつかあるというのが現実ではないでしょうか。そうだとしても、人の出入りの邪魔になっては困ります。
左:100円のレタートレイは、プラスチック製なので汚れたら洗える 右:靴箱は季節の違う2足分を1箱で兼用。前後に2足の写真を貼るのがコツ
そこで、靴を出しておける場所を確保するために、収納グッズを活用しましょう。A4サイズのレタートレイで積み重ねて使えるタイプのものは、100円ショップでも手に入るので便利です。

また、下駄箱が狭くて靴が収納しきれないときには、季節外や冠婚葬祭用の靴を靴箱に入れて、クローゼットや押し入れで保管。玄関以外の収納場所を活用してやりくりしましょう。

7. リビングに出しておくカゴテク

家族が過ごすリビングは、「いつも片付けてばかりで疲れる」という苦情の出やすい場所。散らかすのは全員なのに片付けるときは1人なので、手間がかかるだけではなく、第一不公平です。
左:ハンディクリーナーをさり気なく室内に 右:子どもの遊び道具は、部屋のイメージを壊さない程度に出しておく
リビングの場合、見た目を優先すると棚や引き出しにしまいたいという家庭が多いことでしょう。でも、片付け疲れを減らしたいときには、部屋に出しておけるようにするのもいい手です。

リビングのイメージに合ったカゴを用意して、使い終わったらそこに入れるだけなら、使う本人にも無理なくできるはず。家族が実践できるやり方を取り入れるのがお勧めです。
(文:すはら ひろこ)

外部リンク(All About)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス