最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「見た目が10歳若返る美姿勢のつくり方」を元ミス・インターナショナル日本代表・村山和実が伝授

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


齢55歳を迎え、新陳代謝や運動能力に勃起力、さらには捻挫・虫刺され痕……その他疾患の治りの衰えという“未知の体験”に悩み、薄毛・白髪・眉とか耳とかのチョビ毛・シワ・歯の汚れ……モロモロとも日々戦いながら、虚しくアンチエイジングを志す初老・ゴメス記者であるが、そんな僕に「カツラやリ○ップにお金をかける前にヤルべき、もっと簡単な若返り術がありますよ!」と素敵なアドバイスをくださる素敵な女子が!? その正体は──会ったら最後、ついつい人がいっぱいいる飲み屋だとか駅前だとかに連れ回したくなる自慢の友人の一人、「トータルビューティーデザイナー」の肩書きを持ち、元ミス・インターナショナル日本代表でもある村山和実ちゃんだ!

……と、ここからは一応、“センセイ”として、「ちゃん付け」ではなく、敬称を使わせていただく。

村山さん曰く、「人を一番老けて見せるのは薄毛でも白髪でもぽっこりお腹でもなく、“ダメ姿勢”にあります」とのこと。逆に言えば、姿勢さえ良くすれば、それだけで「確実に10歳は若返って見える」らしい。姿勢の重要さを説く村山さんは、ミス・インターナショナルのコンテストに出場した当時のことを、以下のように振り返る。

「大学4年生だった私は、人生初の舞台にいました。極度の緊張で顔は強張り、手は震え、グランプリを獲る自信などこれっぽっちもない状況。そんななか、唯一意識したのが、姿勢。緊張したり恐怖を感じたりする人は身体が縮こまり、視線が下がる──それを知っていた私は、今の気持ちを表に出してはいけないと思い、視線の先一点を見つめ、身長を1cm伸ばすよう心がけ続けていました」

また村山さんは、自著『なごみ式 人生が変わる! 幸運を呼び込む! 美姿勢レッスン』(主婦と生活社/880円+税)で、こうも語っている。

「バーテンダー・俳優・受付嬢・モデル・キャビンアテンダント…ほか、カッコよく見える職業の方々は皆、例外なく姿勢が美しいんです」

すなわち、「通常の人より他人の注目を浴びやすい職業に就く人=姿勢が美しい」という公式が成り立つわけだが、姿勢の悪さからくる“見た目の老い”ってヤツは、むしろ「通勤電車で吊革を持っているとき」や「デスクワーク中」や「スマホチェックをしているとき」……など、他人の目を気にしていない無防備な瞬間にこそにじみ出てくるのだという。表現を変えると「普段から美しい姿勢を意識していなければ、デートとかの“勝負どころ”でも、まるで形状記憶合金ごとく背筋が丸くなってしまう」ってことなのである。

じゃあ、「美しくて若く見える姿勢を意識するため」に我々おじ(い)さんは、一体なにをすればいいのか?

とりあえず、もっとも有効なのは「胸の筋肉を大きく広げ、肩から肩胛骨にかけての筋肉を活発に動かすストレッチ」。

しかも、「あまり多くのトレーニングを一気にやろうとしたり、最初から最後まで完璧にこなそうとしても、途中で嫌になって続かなくなってしまいがち。短時間である程度できればOKという肩の力を抜いたスタンスで取り組むのがベスト」なる優しいお言葉にしたがって、今回センセイから教えてもらったストレッチは、たった二つだけ! さあ!! コレを読んだ数秒後から、さっそく実践してみてほしい。

Training1:よつんばいポーズ(肩のストレッチ)

肩から肩胛骨にかけての筋肉を集中的にストレッチ。よつんばいになり、片腕を伸ばしながらお尻を後ろに下げて背中を伸ばす。息を吸って、吐きながら片方の腕を胸の前に通して反対側に伸ばす。上半身に重心を置き、下にした肩の後ろ側が気持ちよく伸びるのを感じる程度が目安。反対側も同じように行う。

Training2:胸開きポーズ(大胸筋ストレッチ)

デコルテまわりの筋肉を伸ばしながら肩胛骨を動かすストレッチ。足を肩幅に開いてまっすぐ立ち、手を後ろで組む。息を吸ってスタンバイ。吐きながら肩胛骨を寄せるイメージで腕を上にアップ。このとき、お腹は引き締めたまま、肩は上がらないように注意。最低5回、肩こり改善なら10回を目安に行うと効果的。

さてさて、和実ちゃん! このように著書までさり気なく紹介して差し上げたこのゴメス記者が、美姿勢初老へと華麗(※「加齢」ではない)に変身し、もはやアラフォー中年にしか見えなくなったあかつきには……どうかお付き合いしてください(公開告白。けっこう本気)! <取材・文/山田ゴメス 撮影/73>

【村山 和実(むらやま・なごみ)】

トータルビューティーデザイナー。2011年ミス・インターナショナル日本代表に輝く。モデルとして活動するかたわら、ウォーキングスタイリストの資格を取得。ウォーキングトレーナーをはじめ、姿勢改善や話し方、メイク、カラー&骨格診断まで、トータルビューティーデザイナーとして女性のヘルシーな美しさをサポート。プライベートでは、マラソンやトライアスロンにもチャレンジするアクティブなライフスタイルを送る。

【山田ゴメス】

1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書『クレヨンしんちゃん たのしいお仕事図鑑』(双葉社)


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス