中村アン、髪をかき上げるしぐさは「イメージ戦略」と告白


2月2日放送の「A-Studio」(TBS系)にモデル・タレント・女優と活躍の場を広げる中村アンが登場し、トレードマークとなっている前髪をかき上げるしぐさの秘密を告白するとともに、「髪をかき上げ過ぎて薄くなった」とMCの笑福亭鶴瓶に共感してスタジオを笑わせた。

中村アン、ドラマ出演は「(髪の)かき上げ要員」と暴露


鶴瓶が身振り手振りを交えながら「ようこう(やって髪を)かきあげるなぁと思ってたんや。それは色っぽいしぐさをしようと…」と話し始めると、中村は「している」と後を続けスタジオには笑いが起こった。

中村は「色気がないって言われるのでせめて髪型(くらいは)。(番組共演で仲良くなった)小籔(千豊)さんとか、他の芸人さんたちにも1ミリもセクシーだなんて言われないんで、もうとにかく髪型だけでもって思ってても、やっぱ(セクシーとは)思ってもらえないみたいで」と告白。

これに鶴瓶が「俺も(髪が)あったらかき上げる」と自虐ネタでスタジオを笑わせると、中村は「でももう5~6年かき上げ過ぎて薄くなってきました。私も薄くなっちゃって」と乗っかり、髪の分け目を隠してみせた。

次に鶴瓶が「今バラエティーもこうやって出たり。ドラマっていうのは何(の出演オファーが)来た?」と尋ねると、中村は「ドラマは『5時から9時まで』(2015年放映)っていう石原さとみちゃんの主演のドラマが。でもやっぱちょっとこういうかき上げ要員といいますか」と抜擢の理由を暴露。

スタジオに笑いが起こると中村は「やっぱりこういうこと(髪をかき上げるしぐさ)を求めて(いたよう)。『じゃあここのシーンでちょっとこうかき上げてください』とかありました」と撮影風景を振り返った。

中村は「やっぱりこれ(しぐさ)を続けてきて良かったなあって。イメージ戦略でもあった」と告白。「そんなん見てない人間でもかき上げるイメージあったもん」という鶴瓶に中村は「記憶に残ってもらえるようなっていうのでやってましたね」と明かした。

(Yomerumoバラエティニュース編集部)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス