ブサカワキャラで大ブレイク中のK-POPグループが日本進出! 容姿をネタに笑いを取る異色アイドル

messy

2018/2/4 15:00


 美が尊ばれ、整形美人に溢れかえるK-POP界ですが、トレンドは変わりつつあるよう。そのシンボルとなっているのがMOMOLANDのジュイちゃんです。よく言えば“個性的”なブサカワキャラとして現在ブレイクしている女の子です。

そのチーム名は、ドイツの児童文学書ミヒャエル・エンデの『モモ』から採られたそうですが、私は未読のため、関連性がわかりません。でも『モモ』を読まずしても彼女たちの音楽はキャッチーで、耳なじみ抜群。今年1月にリリースした「BBoom BBoom」がロシアの女性3人組セレブロの「Mi Mi Mi」にクリソツ(パクリ?)と話題になり、韓国のチャートで1位をゲット。これは快挙です!

そんなMOMOLANDのジュイちゃん。韓国では「デビュー前のほうが可愛い」「可愛いのはセルフィーだけ」と散々の言われようで、周囲からのディスにしょんぼりしているかと思いきや、本人も自分の容姿をネタにキャラを確立しているのです。
ブスいじりも機転で返す
 整形も告白しているのですが、その効果は薄かったとかで、それすらもネタにしています。さらに「『(この容姿で)デビューできたのは金持ちの娘だから』『金の力でデビューできた』と噂されている」と話して笑いをとっています。

「有名ガールズグループにもルックスで“???”と思うメンバーがいて、そんな子にかぎって、事務所のトップの親戚だったりします。ジュイは金持ちの娘ってわけではないと思いますが、彼女のネタは金や縁故がモノをいうK-POP界への皮肉にもなって、ウケたのです」(韓流雑誌編集者)

また彼女は、テンション高めのダンスでも大人気。人気バラエティ番組『無限挑戦』で注目を集めた後は、炭酸飲料トロピカーナ・スパークリングのCMにピンで採用され、そこでもハッチャけたダンスを披露。踊れて笑いもとれてと、その存在感は日本の女性芸人・キンタロー。を彷彿させます。

それまでグループの一番人気はハーフ美人の末っ子・ナンシーと言われていましたが、最近はジュイにとって変わられたとか。「美人は3日で飽きる」ってことでしょうか? JYJのジュンスの従妹、ブルゾンちえみ風ヘアカットと話題性を狙った女の子もいますが、ジュイちゃんの前ではかすんじゃいますね。

そんなMOMOLANDが今月末から初来日し、日本でイベントを開催。ついに日本での活動をスタートさせます。似たり寄ったりなルックスの誰が誰だかわからないK-POP界で、大化けしたジュイちゃん。彼女のイロモノ感は果たして日本でも通用するのでしょうか?

佐々木薫:MOMOLANDもセレブロも好きなK-POPファン。

あなたにおすすめ