最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「これから犬や猫を飼う人へ」引き取り数が10万頭を超えた運営代表が想いを語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※写真はイメージ
ペットを飼うなら生涯飼育は当たり前のことなのですが、経済的な理由や健康的な問題などで、捨ててしまう人が後を絶ちません。

殺処分されてしまう犬や猫を少しでも減らそうと、各自治体が努力しているものの、全国で殺処分をゼロにすることは困難。

そこで大切になってくるのが、ペットを引き取ってくれる里親の存在です。

ただ、自分で里親を探すにはどうしたらいいのか分からず、保健所に持っていってしまう人も多いのだとか。

そんな中、里親を募集するサイト『ペットのおうち』が、里親へ引き取られた動物の累計が10万頭を超えたと発表。また、ペットを飼う上での心構えを語り、注目を集めています。

ペットを飼う人へ

運営会社の代表は「これから犬猫を飼う人」や「里親になる人」の心構えを語っています。

これから犬猫を飼うかたへ

ペットの飼育は楽しいことだけではありません。通院、介護、ブラッシング、犬の場合には散歩など多くの時間が拘束されます。医療、フード、トリミング、ホテルなどの費用負担もあります。集合住宅の場合、ペット可物件が少ない上に、敷金なども通常より増えるケースが多く部屋探しも大変です。人間の何倍ものスピードで高齢を迎えます。死に向き合わなければならないと分かっている、小さな命を家族に迎い入れるわけですから、苦労はほかにもたくさんあります。

しかし、ペットはあなたにとってかけがえのない存在となり、人生経験を豊かにし、亡くなった後も色あせることなく輝き続けるたくさんの思い出を残してくれます。命の素晴らしさ、はかなさをもっとも身近に教えてくれる存在であり、飼育経験は人生のさまざまな場面で有意義なものとなるでしょう。

『可愛い』『癒される』『ひと目惚れ』『助けたい』『ほかの人に取られたくない』などといった、一時的な感情だけではペットが亡くなる日まで飼育できず、ペットを不幸にしてしまうかもしれません。ぜひ、ペットの幸せを第一に考え、ペットと共に生きる豊かなライフスタイルを目的とした、飼育をしていただければと存じます。

里親を希望されるかたへ

『ペットのおうち』で里親を募集しているペットは、何らかの理由により飼い主を失ったペットがほとんどです。ペットは単独で生きていける自立した動物ではなく、そのストレスや寂しさ、不安は計り知れないものがあります。

あなたが里親になった時、時間が必要かもしれませんが、ペットはあなたを親・家族として信頼し、新しいおうちや家族を得られたことに幸せを感じるようになるでしょう。私たちは、そんなペットに二度と同じ思いをしてもらいたくありません。

覚悟を持ち、ルールを守り、素晴らしい里親になっていただけることを切に望んでいます。

安易な気持ちでは、ペットを飼うことも里親になることもできません。しっかりとした覚悟を持って、ペットと向き合うことが必要です。

少しでも犬や猫の殺処分がなくなるように、こういった活動が広まることが望まれています。


[文・構成/grape編集部]

外部リンク(grape)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス