最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

本人に罪の意識はないのか? 傘立てから傘を盗む不届き者たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(paylessimages/iStock/Thinkstock)

どんなものであろうと、人のものを奪うのは窃盗である。しかし、傘になるとハードルが低くなるのか、盗まれる人が後を絶たない。

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,342名に「傘について」の調査を実施。

「雨が降ってきたときに、傘立てにある他人の傘を盗んだことがある」と答えた人は11.7%と少数であるもの、やはり存在することが判明した。

■盗む人にとってはシェアする感覚か


男女ともに、世代が若くなるほど割合が高くなっている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

傘はシェアするものという感覚が、若い人にはあるのだろうか。

「私は絶対にしないけど、傘立ての傘を持っていく人は『ちょっと借りる』くらいの感覚みたい。悪意がないから、余計に厄介だと思う」(20代・女性)

若い人に多いとはいえ、20代でも2割程度。まだまだ、人の倫理観は失われていないのだ。

■盗まれないために対策をする人々


傘は盗まれやすいことから、対策をしている人も多い。

「お店の傘立てなんて、絶対に入れない。ましてや実家の周辺は、今の時代でもヤンキーみたいなのがいっぱいいる地域。実家に帰ったときには、普段以上に警戒をしてしまう」(40代・女性)

さらは盗まれてもいいように、高い傘を持たない人も多い。

「そこそこいい傘を、傘立てに入れていたら盗まれた。それからは傘のおしゃれは諦めて、ビニール傘を持つようにしている」(30代・女性)

悪いのはもちろん、傘を盗む者。しかし、自己防衛をしなければならないのが悲しいところだ。

■元ヤンが娘からのプレゼントを盗まれて…


昔はヤンキーでやんちゃをしていた男性は、先日、大切なものを盗まれたそう。

「若い頃は少し悪いグループにいたので、傘なんて何本も盗んでいた。ただ先日、傘を盗まれて、とても悲しかった。

それはただの傘じゃなくて、娘からプレゼントしてもらったもの。自分がやったものの中にも、そんな大切なものがあったと思うと申し訳ない」(40代・男性)

傘1本とはいえ、当たり前だが盗んだら「犯罪」だ。多くの人は理解しているのに、盗む側の意識が低いのがつらいところだろう。

・合わせて読みたい→「傘は盗られても仕方がない」ものなの? 自衛策を練る人も

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20代~60代の男女1,342名 (有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス