最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

オードリー若林が語った"あの人"とのアメフト話「部活並みの特訓を」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●『オードリーのNFL倶楽部』の人気コーナーがついに書籍化!
日本テレビ系で放送されている『オードリーのNFL倶楽部』(毎週金曜 26:44~27:14 ※放送時間が変更になる可能性あり)。この番組の人気コーナーである「若林の熱視線」が書籍化され、1月24日より発売となった。

日本時間5日朝には、NFLの優勝決定戦である第52回スーパーボウルも開催される。今回、お笑いコンビ・オードリーに目前に迫ったスーパーボウルや著書『オードリーのNFL倶楽部 若林のアメフト熱視線』(文藝春秋)の見どころなどを聞いた。
○スタッフさんは「ちょろい感じですね」

――実は私もリトルトゥース(ニッポン放送系ラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』のリスナー)なんです。『NFL倶楽部』もラジオ的と言いますか、テレビ番組でありながらお二人の素がかなり出ているように思います。

若林正恭(以下若林):そうですね。ラジオも『NFL倶楽部』も共通しているのは、狭いスタジオでやるということです。俺も春日もコミュ力があるほうではないので、出演者の方がたくさんいるとね、萎縮をしてしまうとこがあるんです(笑)。自分たちの空気でできるので、楽しませてもらってますね。

春日俊彰(以下春日):スタッフさんもやっぱり身内みたいなところありますしね。ちょろい感じですね。

若林:偉そうですけども。ぜひね、見出しにしてほしいです(笑)。

春日:まあまあ、言い方はあれでしたけど、和気藹々でアットホームな感じです。
○オードリー春日、今のテレビ界に苦言?

――今回、若林さんの番組内のコーナーが書籍化される形になりましたが、本になると思っていましたか? かなりマニアックなアメフトの駆け引きや戦術を取り上げた内容でありながら、売り上げも好調のようです。

若林:いや、書籍化されるとは全然思ってなかったです。アメフトはただでさえ、ルールを伝えにくいし、何年も前から説明しても、その最中に難しくて引かれることを繰り返してきました。なので我々もスタッフさんも、いくら説明しても引かれるから、逆にめちゃくちゃ難しいこと言っちゃえと、ネジが飛んじゃったんですよね(笑)。「ついてくる人が少ないかもよ」と、みんなで言ってたんですが、結構ついてきてくれて嬉しかったです。変に分かりやすくするよりも良いというのは、春日さん、昨今のテレビ界にも言えることなんじゃないですか?

春日:まあ、丁寧すぎるんだよね~。全部にテロップでるだろう? あれ見ちゃうとね、本読んでるみたいだろ?

若林:仕事減るぞ! お前(笑)。

――春日さんも番組内では「少年カスガの超人プレー」というコーナーをやっています。このコーナーを書籍化する予定はあるんでしょうか?

春日:それはあるらしいですけどね。やっぱり今回の本の流れで。

若林:なんかフリーペーパーで出すという話もあるんですよね?

春日:書籍じゃないじゃん、それ(笑)。もちろん書籍化は狙ってやってますよ。書籍化してくれという声もあがってるという話ですし。

●アメフト部時代の思い出深いエピソード
○今でも思い出す春日の赤面エピソード

――楽しみにしております(笑)。ところで本の中では高校時代にお二人が所属していたアメフト部の話題も書かれていました。アメフト部時代のお互いの言動で思い出深いものはありますか?

若林:練習後にみんなを集めて総評を言うキャプテンがなんかの用事でいなかった日があったんですよ。そこで代わりに副キャプテンの春日が言うことになったんです。でもみんなの前で、「今日の練習は~」って話始めたら、顔がすっごい赤面してるし7回くらい噛んでるしで、言ってることもよく分からなかったんですよ。でも俺は春日が赤面してたのが嬉しくて、部室で同級生が「何言ってんの? 頼りないんだけど」と言ってたことも伝えてやったんですよ。そしたら赤面してたくせにね、「言いたい奴には言わしておきゃいいんだよ」って春日は言ったんです(笑)。

春日:かっこいいね、うん。

若林:それをたまに思い出してね、ハイボール飲むのが好きなんすよ(笑)。

――春日さんは若林さんのどんな姿が思い出に残っていますか?

春日:練習中、パスの場面なんかでは、必ず「寝るブロ」(自分の体を相手の足元に投げ出してブロックすること)されましてね。怪我するから練習ではするなって言われているのに。でも必ず「寝るブロ」で膝から下をね、壊しにくるんです。何度も足首やりそうになりましたよ。

若林:これは紅白戦での話ですね。上級生のもっと強い選手がいて、その人にダブルチーム(二人がかりで一人の選手に対処すること)しろという指示が出されたんですけど、俺はもう「春日の足を壊したい」と、自分の判断で春日にいって。春日がラインと押し合ってて、視界に入ってないところで足首に向けて「寝るブロ」するという(笑)。ずっと繰り返したらね、さすがに先輩に怒られましたけど。
○実はアメフトも詳しかったビートたけし

――そういえば芸能人の方にはアメフトファンも多いですよね。

若林:そうっすね、スーパーボウル帰ってきた後はいろんな先輩に「あのプレーってどうだったの?」とかすごい聞かれます。こんなに見てる人多いなら、普段から口に出してほしいなと思いますね(笑)。爆笑問題の太田さんとか、くりぃむしちゅーの上田さんもアメフトお好きですし、さんまさんも「今回、ああやったな」とか。たけしさんもいつか楽屋挨拶行ったときに「あのプレーさ…」とおっしゃっていて、すごい詳しく見てらっしゃいましたね。

――若林さんといえば1月におめでたいニュースがありました。報道によると落語とプロレスが共通の趣味であると書かれてましたが、アメフトはお好きではないんですか?

若林:おお! きますね! なるほどね~。……でもこれ言ったらネットニュースになるだろうなあ……。実はですね、"先方"に公園でパスをもの凄い教え込んでいるんですよ。僕はずっと独り身だったので、その時は公園でボールを2個投げて自分で取りに行ってまた逆に投げるを一人でずっとやってて、それで職質されたことがあるんです(笑)。ショルダーも着けてやってたんで。今は"先方"にパスもスピンがかかるようにかなり教え込んでて、部活並みの特訓をさせてますね(笑)。

――春日さんはそれをご存じでしたか?

春日:いや知らなかったけど、南沢くんはどのくらいのセンスが……

若林:名前言わないんだよ! 普通名前言わないの、こういうときは。

春日:いや、みんな知ってることだからね。

若林:みんな知ってるんだけど、お前が思ってる以上にいろいろあるんだからな!

春日:あ、そうなの。あんなに新聞出てたから、もういいのかと。

――実は自分が高校生のとき、学校にお相手の方がドラマのロケで来ていたことがあって、エキストラとして出演したことがあるんですよ。

若林:あ、そうなの! あ~そう(笑)。いや、いろいろ縁があるな、おい。いろんなインタビュー受けてるけど、一番くるよあんたが(笑)。阿川(佐和子)さんよりくるよ(笑)。別にいいけどね。

●オードリーが考える第52回スーパーボウルの見どころ
○「オードリーボウル」を開催したい

――すみません(笑)。では、アメフトの話に戻りまして。お二人にはアメフトを流行らせたいという想いがあると思います。今後アメフトをもっと日本に広めるために、したいことはありますか?

若林:この前、『NFL倶楽部』でお客さん入れて収録したんですが、それがすごい盛り上がったので、「アメフトの話しかしないライブをやりたいね」という話はしています。たとえば「with B」のコージくんは法政大のアメフト部だったんで、彼とかも呼んでライブやったら面白いんじゃないかと。

『オードリーのNFL倶楽部』(日本テレビ系 毎週金曜 26:44~27:14 ※放送時間が変更になる可能性があります)日本で唯一のレギュラーのNFL情報番組! 毎週全試合のダイジェストを放送! NFL倶楽部ならではの現地からの徹底リポートも乞うご期待!!

春日:やっぱり「オードリーボウル」をやるしかないだろうね。我々が主催する大会ですよ。ハーフタイムに我々が漫才やったりして。

若林:すべったら地獄ですよ、大丈夫ですか?

春日:それは大丈夫よ(笑)。オープンのトーナメントにして、ライスボウル並みの規模でやりたいですよね。「オードリーボウル」をやったら、アメフトに興味ない方にも興味を持っていただけるかなと。やっぱり我々のファンはとんでもない数がいますから。

若林:(首を傾げながら)とんでもなくはないと思うんですがね。ある程度はいますけど。
○今回のスーパーボウルは「ソフトバンク対DeNA」

――「ボウル」といえば、日本時間の5日朝に第52回スーパーボウルが開催されます。世界最高のQBであるトム・ブレイディを中心に2年連続6度目の優勝を目指すニューイングランド・ペイトリオッツと、初制覇を目指すフィラデルフィア・イーグルスというカードですが、この試合の見どころをお聞かせください。

若林:今回はブレイディなんで、見やすいですよね。ブレイディのパスが通るかどうかに注目すればいいので、すごく見やすいスーパーボウルだと思いますよ。ブレイディ6度目のスーパーボウル制覇なるかに注目です。

春日:イーグルスは王者のペイトリオッツに挑戦ですよね。でもそういう試合は面白いじゃないですか。絶対王者が倒される瞬間が来るかもしれないですし、本当に分かりやすい構図です。この前の日本シリーズみたいな感じですね、意外にDeNAやるなって盛り上がったじゃないですか。一言でいうと、ソフトバンク対DeNAです。

若林:なんか現地は-20℃を超えるくらいの寒さらしいです。でも春日が裸足で羽田から行くみたいですよ。靴を持っていかないとさっき言ってたので、春日の素足にも注目してほしいです。

春日:そうですね、外でのロケもやるんですけど、もしかしたらボディパンツ1枚の可能性もありますからね。絶対ウケるんですよ、アメリカでは(笑)。ベタな笑いが好きなので。でもメインは試合ですから、ぜひとも見てもらいたいね。

――最後に発売となりました著書『オードリーのNFL倶楽部 若林のアメフト熱視線』の見どころを改めて教えてください。

若林:この本を読んでスーパーボウルを見れば、何十倍も楽しめると思うんすよ。スーパーボウル前になんとか手に入れて読み切ってほしいなと(笑)。そういう気持ちはありますね。

春日:エンターテインメントとして面白い仕上がりになってますからね。やっぱロウニャクニャン…ナンニョ……

若林:ちょっとチャレンジしていいですか。噛みましたよね(笑)。

春日:ノー、ノー、ダメダメ(笑)。なんならこの間、実家に帰ったらうちの父親も読んでましたね。「買ったよ」なんて言って。

若林:本当にそれ買ったの? ちゃんとお金出して?

春日:買ったよ。こっちから差し上げてないからね。もちろん万引きもしてないし(笑)。

若林:けっこう、癖になっちゃてるんだもん(笑)。

春日:手癖は別に悪くないんでね、うちの父親は。でもしおりを見たら冒頭の15ページくらいで止まってましたけどね。これから読むと言ってました。

若林:お父さんあんま文字の本読まないもんね、漫画はすごい好きだけど。

春日:いやそんなことないよ(笑)。文字の本読みますよ。

――ラジオでもよく話題にあがる、ゴルフカートで国道に出てしまったお父様ですね。

春日:そんなことはいいんですよ。ウチの父親のね、ポカした話はいいんですよ(笑)。

若林:お父さん、ちょっと春日にムッとしてるんでしょ。今年の正月にもう止めてほしいと言ってたらしいです。

春日:そうですね、だからあんまりネタにするのはね。

『オードリーのNFL倶楽部 若林のアメフト熱視線』(文藝春秋)は好評発売中!本書は唯一のNFL専門番組である「オードリーのNFL倶楽部」(日本テレビ)を書籍化したもの。高校時代、アメフト部でともに汗を流したオードリーの若林正恭と春日俊彰が、自身の青春と経験談をもとにNFLの魅力とアメフトへの異常なる愛情を語り尽くす。さらに、番組の大人気コーナーを収録した「若林の熱視線」では、若林自らがスーパープレーの裏側にある駆け引きの妙や戦術を、笑いを込めた教訓とともに情熱解説を行う。本書は、本場アメリカからも大絶賛、NFL公認の全く新しい”芸人による日本初のNFL入門書”。全米が熱狂する、スーパーボウル(日本時間2月5日)は、本書を片手に観戦すれば盛り上ること必至だ。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス