最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

アフィブログがコミュニティに。副業でリーダーになる時代<魂が燃えるビジネス>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


いまの仕事楽しい?……ビジネスだけで成功しても不満が残る。自己啓発を延々と学ぶだけでは現実が変わらない。自分も満足して他人にも喜ばれる仕事をつくる「魂が燃えるビジネス」とは何か? そのヒントをつづる連載第35回

私の友人にゲームをテーマにした、アフィリエイトブログを運営している男がいます。気に入ったゲームのレビュー記事を書いてアクセスを集め、そのソフトやゲーム機の広告料で稼いでいます。

最近のゲームは映像だけでなく音響も作り込まれています。そのためのヘッドホンやスピーカーなどもアフィリエイトできるので、副業レベルの作業量で毎月そこそこの利益になるそうです。彼自身がもともとゲーム好きなので、そのブログは趣味と実益を兼ねていました。

これだけならば普通のアフィリエイトなのですが先日一年ぶり会ったところ、運営方針が大きく変わっていました。彼は作品レビューだけでなく、コミュニティを運営するようになっていたのです。

事の始まりはツイッターでした。ブログは更新頻度が一つの鍵ですが、一つの作品に対して自分が思い付く感想などたかが知れています。そこで彼はツイッターで、みんなの感想を募ることにしました。

まず「このゲームの感動した場面」といったお題を自分で発案、ツイッターに投稿してコメントをもらい、それをブログ記事としてまとめます。その繰り返しによってやりとりが深まり、コミュニティができていったそうです。

アフィリエイトブログは嫌われることが珍しくありません。SNSのコメントを勝手に引用したり、面白い記事にするために掲示板で煽るようなコメントを書き込んだりするからです。「アフィ乞食」という呼び名はそれを物語っています。

しかし、彼は違います。それどころか感謝さえされています。ゲーム会社に在籍されているイラストレーターにツイッターアイコンを描いてもらったり、自分がレビューしたゲームの開発スタッフさんと直接やりとりしているそうです。さらに開発陣が彼のブログを参考にしているらしく、彼自身もとても喜んでいました。

こうした一連の展開を、専業ではなく副業で実現してしまうのがネットの魅力です。SNSが普及して、簡単にコミュニケーションが始まるようになったのが理由でしょう。

レビューを読むというのは「受け身」の行為です。もちろんそういった需要もありますが、現代には別の需要があります。

それは「自分はこう思った。こう感じた」という発言の場です。情報が溢れかえり、それに溺れてしまうような現代では、自らの声を上げるという能動的な行為が喜びになります。

もちろんただ壁に向かって話していても満たされることはありません。発言にはそれを聞いてくれる耳が必要であり、それこそがコミュニティの機能です。今後は不特定多数に発信するだけでなく、目的や志向でカテゴライズされたコミュニティがもっと生まれてくると思います。彼の活動はその萌芽です。

「自分一人の考えなんて、どうでもいいことだと気づいた」

彼は私にそう話してくれました。そんな優しい彼だからこそ自らは聞く側に回り、感想を募ることができたのだと思います。彼はぐいぐい引っ張るのではなく、意見をまとめるタイプのリーダーを担っています。このようにツイッターのコメントを引用するにしても、心根と方法が違えば結果も変わります。

彼の次の目標は「ゲームライター」です。作品の魅力を伝えることで開発スタッフや業界を応援したい、と考えています。現時点で開発スタッフに注目されているのを踏まえれば、そう遠くない未来に実現するのではないでしょうか。

私たちは「理屈が成功をもたらす」と思い込みがちです。しかし変化は往々にして、人を通してやってきます。仕組み重視で儲けられた、ここ10年のネットがむしろ特別だったのかもしれません。

もしあなたがビジネスを希望しているならば、人を度外視したビジネスモデルに偏らず、コミュニティ運営にも意識も向けてみて下さい。人をまとめるリーダーになることは、実利と自信をもたらしてくれます。

【佐々木】

コーチャー。自己啓発とビジネスを結びつける階層性コーチングを提唱。カイロプラクティック治療院のオーナー、中古車販売店の専務、障害者スポーツ「ボッチャ」の事務局長、心臓外科の部長など、さまざまな業種にクライアントを持つ。現在はコーチング業の傍ら、オンラインサロンを運営中。ブログ「星を辿る」


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス