最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

体を動かして箱根の自然を体感。新たな箱根の滞在を提案する湯宿「天悠」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tenyu015

寒さは厳しいけれど、澄みわたった空気に気持ちがシャンとする冬の箱根。心と体のリフレッシュにぴったりなのが、昨年オープンした温泉旅館「箱根小涌園 天悠(てんゆう)」(以下、天悠)です。

箱根随一の絶景を楽しめるインフィニティ温泉に加え、ヨガやウォーキングなど季節によって変わるオリジナルアクティビティが充実。温泉の癒しに加え、体を動かしながら箱根の自然を体感できる新感覚の湯宿です。

「自然」と「和」のおもてなし

tenyu002

箱根・小涌谷の「箱根小涌園」内にある「天悠」。窓枠をできるだけ排除した開放感のあるロビーでは、渓谷の眺望が出迎えてくれます。
tenyu003

150室の客室は、すべて温泉露天風呂付き。滞在中、好きなときに湯浴みできるのは、やはり温泉の醍醐味です。
tenyu004

館内には草木や滝のある渓谷庭園もあり、気軽な散策にぴったり。箱根神社の御祭神・箱根大神様がお祀りされている箱根温泉神社もあります。

一日のスタートは朝ヨガで!

tenyu017

毎朝ヨガを楽しめるのも、箱根の温泉旅館としては珍しいところ。40分のアサナ(ヨガのポーズ)のあと、10分の瞑想(クールダウン)。IYC公認インストラクターによるレッスンは、初心者でも安心して楽しめます。

冬季は庭園入口前の通路で行っていますが、春から秋は渓谷庭園内の「みはらしの丘」で実施。滝の音や鳥のさえずりもBGMとなり、より自然に包まれている感覚を味わえます。

箱根町の公認ガイドとウォーキング

tenyu014

アクティビティも充実。内容は時期によって変わりますが、通年実施しているのが近隣の名所を巡るウォーキングやトレッキング。今の時期は箱根町の公認ガイドとの「千条(ちすじ)の滝ウォーキング」
tenyu008

約3キロの行程では、箱根の隠れた名所「千条の滝」や箱根小涌園敷地内にある国登録有形文化財建造物「貴賓館」の庭、つつじで有名な「蓬莱園」などを巡ります

「ここには昔交番があって…」「これはイノシシが掘った穴だね」などガイドさんのディープな箱根の話もおもしろく、約1時間半はあっというま。途中、滝を見ながらのコーヒータイムもあり、身も心もほっこり温まります。

さくさくと霜柱を踏んでいると、童心に返った気持ちになりました。普段ウォーキングをしていない人も、身体を動かす心地よさを思い出すきっかけになりそうです。

心と体を解き放つ、絶景のインフィニティ温泉

tenyu013

温泉宿としての魅力も大。特筆すべきは6階の大浴場「浮雲の湯」。目の前にさえぎるものがなく、まるで空に浮いているような感覚。目の前には箱根外輪山の絶景が広がり、夜には満点の星空に目を奪われます。

もうひとつ、5階の大浴場「車沢の湯」は、木々に囲まれ、美しい滝の眺めに心洗われる雰囲気。大浴場は時間で男女が入れ替わるのでぜひどちらもお試しを。

心身が喜ぶダイニング体験

tenyu010

食事処はオープンキッチン。夕食は和洋創作料理で、箱根の“朝もや”をイメージしたお造りなど舌と目で楽しませる料理の数々は、ソムリエセレクトの地酒や日本ワインとの相性も抜群。
tenyu011

朝食は、和食か洋食からチョイス。洋食には焼き立てのパンや卵料理、スーパーフード入りの自家製飲むサラダなども付き、ヘルシーで女性にもおすすめです。

ちなみに、旅館でありながら、ホテルのようなコンシェルジュがいるのも天悠の特長。アクティビティの案内や周辺のおすすめスポットを紹介してくれます。アクティビティは今回紹介したヨガやウォーキングのほかに、箱根神社への正式参拝や工芸体験、季節によってはトレッキングやマウンテンバイクやウォータースポーツなどもあり、連泊しても飽きません。

定番の箱根で新たな体験ができる天悠は、桜や新緑、紅葉、雪景色など季節によって表情が変化し、リピートする楽しみも生まれそう。東京からわずか2時間で行けるので、週末の気軽なリフレッシュにもおすすめです。
tenyu012_a

箱根小涌園 天悠

住所:神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平 1297

電話:0460-82-5111

文/古屋江美子

外部リンク(マイロハス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス