【メイク】自信は“眉”からと判明! 「ポジティブ眉」をつくる3つの簡単ポイント

ウレぴあ総研

2018/2/4 06:30

「もっと自信を持って堂々としたらいいのに」とアドバイスされて、「それができたら苦労しないよ……」と言いかけた経験はないでしょうか。

そう、自信に満ちあふれた女性は魅力的に見えるもの。自分の顔に自信があったら、恋にも仕事にももっと積極的になれるはず。

だけど、どうしたら自信が持てるのかが分からない…。

そういうかたに、「ココを整えると、自分の顔に自信と希望がみるみるわいてくる!」という魔法のパーツをご紹介しましょう。

それは、「眉」です。

アイブロウトリートメントサロン「アナスタシア」が実施した、『眉が自分自身に与える影響』に関する調査の結果、眉こそ女性の気持ちがポジティブに切り替わるためのスイッチだったことが、判明したのです。

■ベストな眉は明るい表情を引き出す!

この調査によると、その人にぴったり合う眉に整えてから鏡を覗くと、アドレナリンが分泌されてポジティブな気持ちが起きやすいことが、脳科学的な見地から実証されたそう。

似合う眉になった自分の顔に軽く興奮すると、瞳孔の広がる回数が増え、表情が一段明るいものになる。そして、明るく映った自分の顔を認識したあとは、さらに表情が明るくなって、おのずと笑顔が増えるということです。

それほどの効用があるのなら、眉は自己評価を決めるパーツと言っても大袈裟ではないですね。

ココがしっくり来るとセルフイメージに自信が持てるし、自信があれば表情がイキイキしてくる、だから自分の顔をもっと好きになれる!

こうして、その人の顔にぴったりな眉にしたことをきっかけに、好循環に入っていきやすいのです。

■眉が決まるとポジティブな発言が増える

心理学の観点から言っても、その人に合った眉を手に入れたあとは、自分自身への期待感にあふれた状態になり、社交性や行動力が上がりやすいのだとか。

受け身にならずに、気になる人がいたら思い切って自分から話しかけたくなったり、心を開いて人と接することができたり。表情面でも、作り物ではない自然な笑顔があふれ出すと言いますから、好感度もグンとアップすることでしょう。

声のトーンまでグッと明るくなって、ポジティブな発言が増える効果まで見られるそうです。眉から選ぶ言葉まで変わってくるというのはすごいですよね。

ポジティブな女性にあこがれている人は、眉をスタイリングしながらメンタルを整えてみるといいのではないでしょうか。

日頃ネガティブな発言をひかえて、笑顔で過ごすよう心がけている人は多いと思いますが、「ほんとは自信ない……」という不安を抱えているのに、無理して明るくふるまうのはつらいもの。

それが、自分自身への期待感に満ちた明るい心境でいれば、自然に前向きな言葉を口にすることができるのです。

■ポジティブ眉は意外とナチュラル

illustration mikemori幸い、眉は比較的カンタンに手を加えることができるパーツですから、今のままだと好きになれないのなら剃ることも描き足すことも自由です。

では、自分の顔への自信や希望がわいてくるのは、どんな形の眉なのでしょうか。

眉メイクには、少しだけ時代性を取り入れてみるといいでしょう。

ここ数年、ポジティブオーラを生み出しているのは、地毛の流れを活かしたナチュラルな眉。細くしすぎたり眉尻を上げすぎたりせず、あまり角度をつけないのがポイントです。

  • 基本のラインはしっかり際立たせる
  • カットするのは不要な毛だけ
  • ブラシで流れを整える
眉の影響力は結構強いので、ちょっとのお手入れで、顔全体の印象がパッと垢抜けますよ。

一度手をつけ始めると、ちょっといじった程度では物足りなくなることがありますよね。ただ、女性の悪い癖で、眉もそれ例外のメイクも、頑張りすぎると人を寄せつけない怖さを出してしまう場合があるのでご注意を。

持ち味は活かしながらも、気になる弱点はちゃんとカバーする。これで、自分の気持ちのトーンを上げてくれる“ポジティブ眉”が完成します。

■自信は工夫した人が手に入れるもの

眉が整うと女性は自分の顔に自信を持ち、表情も輝き始める。自己肯定感を高めるスイッチがONになる――。これが、脳科学と行動心理学の観点から導き出された結論です。

「もともとこういう形だから」「こういう自分だから」とあきらめて放っておいては、いつまでも自信が持てないまま。

本当の自信が芽生えてくるのは「ちょっぴり工夫してみた時」だと教えてくれるパーツ、それが眉なのかもしれません。

鏡を覗くのが楽しみになる“ナチュラルポジティブ眉”を手に入れて、自分の顔を好きになる感覚を味わってみてはいかがでしょうか。

あなたにおすすめ