大泉洋「こどもが泣くぞ!」、安田顕「何にも楽しくない」 本日放送小樽旅番組でぼやき連発

人気演劇ユニット・TEAM NACSが全員出演している唯一の番組「ハナタレナックス」(HTB)の全国放送第4弾となる「HTB開局50周年記念 ハナタレナックスEX(特別編)チームナックスとゆく 北海道美食めぐりの旅in小樽」が、2月4日(日)昼1:55~3:20、ついに放送される。

森崎博之(46)、安田顕(44)、戸次重幸(44)、大泉洋(44)、音尾琢真(41)、平均年齢40歳を過ぎてなお遊び心を忘れない5人。チームナックスが、長年ローカル番組を制作してきたスタッフと共に送る番組は、ゆるいからこそ面白い、等身大の“食旅”バラエティーに仕上がっている。

「小樽の美食」を求め、レトロなボンネットバスに乗り込み観光ツアーへ。ただし、「美食」を満喫できるかどうかは、彼らの運とひらめき次第。ところどころに用意された、グルメを賭けたちょっと意地悪なクイズやゲームが彼らを悩ませ、苦しめる。時に怒ったり、グチったり、こぼしたり、ボヤいたり、店員さんに一目惚れしてみたり。チームナックスらしい一面もチラホラ登場する。

美食ツアーの合間には、人気の水族館に立ち寄って豪快なショーを観賞し、視聴者プレゼントとして小樽ならではのお土産を手作り(プレゼント多数。注目!)。

全編にわたり、チームナックス好きにも、北海道好き・旅好きにも見逃せない番組から、注目ポイントを紹介する。

■ 食べたいのに食べられない・・・。安田顕は「何にも楽しくない」、大泉洋は司会の女性アナに「もう帰っていいよ!」とぼやき連発!

小樽を舞台にした「美食めぐりの旅」。港町ならではの新鮮で豪快な海の幸をはじめ、人気・高級メニューからスイーツ、B級グルメまで、たくさんのグルメが登場する。ただし、美食を満喫できるかどうかは、5人それぞれの運次第。

ゲームに敗れて、“悲劇”が起きた安田顕が「何にも楽しくない」とスネる場面があれば、大泉洋はHTBの狙いを読んで女性アナに「もう帰っていいよ!」と塩対応。垂涎のグルメを前に、チームナックスのメンバーは“素”の姿を露わにする。

■ 鮭は飲み物⁉ 大泉洋、水族館ショーのワイルドさに「こどもは泣くぞ!」

「おたる水族館」では、ある動物が鮭を丸呑みする、“鮭は飲み物”という触れ込みのあまりにもワイルドなショーをチームナックスの5人は目撃する。大泉洋が「こどもは泣くぞ!」「お客さん若干引いてますよ」と苦言⁉を呈すれば、安田顕は「自然を感じた」と大爆笑。森崎博之も「野生だったね」と感動。番組記者会見でも、メンバーは今回最大の見どころとしてこのシーンを語っていた。

■ 「水曜どうでしょう」ディレクターの“うれしー”がナレーション担当

HTBの人気バラエティー「水曜どうでしょう」の嬉野雅道ディレクターが、ナレーションを担当することも注目される。うれしーはHTBローカル番組「巷のonちゃん」で語りを務めた経験はあるが、全国放送のナレーションは初。大泉洋同様、落語を聞いて育った“語り口”は、「水曜どうでしょう」ファンのみならず必聴だ。

チームナックスの素顔と本音丸出しの忙しい旅にご注目。かつて北海道開拓の玄関口として北前船が往来し、ニシン漁で繁栄を極めた小樽。運河や北海道初の鉄道、ニシン御殿など激動の明治・大正・昭和を感じさせる施設や建物の様子もたっぷりと楽しめる。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/136293/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス