【九星フラワー占い】2月の七赤金星の運気は「恋の活発期」

OTONA SALONE

2018/2/4 00:03



2月4日から2018年の運気の流れが本格化してきます。全体的に華やかな雰囲気、というか派手なできごとも多そうな2018年ですが、今月はどの星も「自分らしさ」を見つめ直すことが運気をたかめるために大切です。「自分らしさって何?」という問いに対して、九星気学を使って読み解いていきます!

※七赤金星の生まれ年は1957年、1966年、1975年、1984年です。

ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

複数の人からうれしい声がかかる春の到来!


2017年にコツコツと種まきしてきたことが、芽を出しはじめたと感じたら、2018年が本格的にスタートした証です。芽を出すと言っただけで、もちろん実りの時期はまだ先ですから、充実感に酔うというということはないと思いますが、いいニュースが飛び込んできたり、「手助けしましょうか」という声がかかったり、それがうれしくて、明るい気分になることでしょう。

家庭的な味の店に誘われたらチャンス⁈


今月はとくに、食事会や飲み会の席で、そんなうれしい声を耳にするようです。その食事会や飲み会は、高級食材を扱ういい店というよりはコストパフォーマンスがよく、家庭的な料理が持ち味の店である可能性が高いです。誘われたときにピンときたら、できるかぎり参加するようにしましょう。今後、あなたが活躍するための活力、具体的な必要な物が得られるチャンスありです。この2月は、自力でガンガン進むというより、周囲に足並みをそろえて助けてくれそうな人を探しつつ行くのがいいでしょう。

また、美味しいものをよく知っている七赤さんは、食事会などを自分から企画すると、人気運が高まります。

ネガティブな言葉には用心して!


ただし、お酒がおいしく感じられて、ついつい飲み過ぎてしまうかもしれませんが、言葉には注意してください。不平・不満・悪口は、一気に運気をさげ、もめごとの原因になりかねません。とくに女子会の場では、あなたの話にしっかりと耳を傾けている年上の女性や、「〇〇さんが言ってた~」と、調子よくあなたの言葉を他のだれかにもらす、おしゃべりさんがいるので、気をつけましょう。

仕事に関係する席なら、なおさらです。

2月の恋愛運は、あなたの動きに目を光らせている女性に注意を


恋愛運は活発ですが、女性を敵に回すとやっかいなので、アプローチなどは水面下で静かに進めましょう。

金運は、大きな金額ではありませんが、思わぬ臨時収入があるかもしれません。いただいた時は、相手に感謝の気持ちを笑顔とともにきちんと伝えましょう。

2月のラッキーアイテムは何?


ラッキーカラー:大人っぽい黄みがかったピンクやオレンジがおすすめ。

ラッキーパーソン:母親も含め年上の女性に気に入られると、色々なことがうまく運びます。

ラッキーフード:肉じゃがや豚汁などの甘辛味の和風おかずには、七味唐辛子をぜひひとふりしてください。

コスモスの花が象徴する七赤金星の魅力とは


七赤金星の女性は、少女のように可憐で楽しいことに目がない人が多いです。「乙女の真心」という花言葉を持つコスモスは、にぎやかに群生していますが、ひと花だけに注目すると可憐で、どこか頼りなげ。その姿は七赤の女性に似ているような気がします。「アラフォーなんだから、しっかりしなくちゃ」、こう思ったら七赤の魅力は半減。好奇心のままに楽しいことを探し、その楽しさを人にもおすそわけする、そんな七赤を人は好きになるのです。

※全体の運勢を知りたい人はこちら( https://otonasalone.jp/53691/ )へ

(イラスト オオスギトモコ)

あなたにおすすめ