【九星フラワー占い】2月の三碧木星の運気は「年下男子と」

OTONA SALONE

2018/2/4 00:07



2月4日から2018年の運気の流れが本格化してきます。全体的に華やかな雰囲気、というか派手なできごとも多そうな2018年ですが、今月はどの星も「自分らしさ」を見つめ直すことが運気をたかめるために大切です。「自分らしさって何?」という問いに対して、九星気学を使って読み解いていきます!

※三碧木星の生まれ年は1961年、1970年、1979年、1988年です。

ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

楽しい誘いが増えてきたら、乗るべきか…


明るく楽しい雰囲気が大好き。それにもかかわらず、2017年はちょっと重苦しい空気感で元気が出なかったという三碧木星さん、今月に入ると肩と背中にのしかかっていた重い荷物を降ろせたような感じがするのではないでしょうか。

楽しい食事会や飲み会の誘いもあるかもしれません。ぜひ参加して、明るい話題を振りまいてください。一見、仕事に対してメリットがない食事会のようでも、恋愛に発展しそうな男性がいない飲み会であっても、とにかく雰囲気だけは良い感じで振る舞ってください。

自分が世界に与えているもの、気づいていますか?


中身がないように感じられる時間であっても、実際に中身がともなってくる来月以降のために、今は❝箱❞作りと思って、とにかくワクワクすることが大切です。あなたのワクワクは人にも伝染するはず。三碧木星は朝日をあらわす星で、周囲を、いいえ世の中を明るく照らす役割が与えられています。笑顔と笑い声、そして希望に満ちた話題を提供してほしいのです。

恋愛運、今月は年下男子とご縁あり!


恋のチャンスも金運も、その明るい笑顔にむかって集まってきます。恋愛運については、のりのいい年下の男子と仲良くなるかも。その人と付き合うということもあるかもしれませんが、その人がいいご縁を運んできそう。「この人じゃないな」と思っても、急に態度を変えないように! 態度や気分に波があると、男性は離れていきます。

この態度や気分の波は、家族や友人、職場の仲間からも歓迎されるものではないので、今月はとくに注意してください。せっかくいい運気の波のがやってきているのに、機嫌によって乗りのがすのは、もったいないです!

2月のラッキーアイテムは何?


ラッキーカラー:ブルーやネイビーに、ピンクやオレンジのさし色がおすすめ。とくにメイクにこれらのカラーを使って、笑顔をきわ立たせましょう!

ラッキーパーソン:おしゃべり上手な年下の男性、女性も吉!

ラッキーフード:気分がのらないときは、辛くて酸っぱい、トムヤムクンや酸辣湯を食べましょう。汗を流して気分はスッキリ

朝顔の花が象徴する三碧木星の魅力とは


夏の暑さの中、しおれる草花も多い中で、夜明けとともに花開き、朝露にキラキラと輝く朝顔。このまぶしいほどの生命力は三碧木星の魅力をあらわしています。三碧は朝日のエネルギーをあらわす星で、前日に悲しいことがあり傷ついたとしても、朝になればかならず空に昇り始める太陽のように復活をとげ、笑顔をとりもどして楽しいおしゃべりができる、その明るさが周囲の人にも元気を与えています。ですから、過去のことにいつまでもくよくよしていては、三碧の魅力も半減! 朝顔の花言葉は「愛情」「かたい絆」です。

※全体の運勢を知りたい人はこちら( https://otonasalone.jp/53691/ )へ

(イラスト オオスギトモコ)

あなたにおすすめ