最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

齊藤工、好きな人に囲まれ「幸せでした」 高橋一生も「ご一緒できたのはご縁」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画『blank13』の公開初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の高橋一生、神野三鈴、リリー・フランキー、齊藤工監督が登壇した。

本作は、“映画監督”齊藤工が手掛ける初の長編作品。13年前に突然失踪した父が余命3カ月で見つかったことから始まる、ある家族の心の軌跡を描く。

父親に複雑な感情を抱く主人公・コウジを演じた高橋は「撮影に入る前に、工さんが作品について話す時間を設けてくれた」とエピソードを紹介。お互いに、好きな映画などについて語り合う中で「ベクトル(方向性)が一緒だと感じた」といい「こうしてご一緒できたのはご縁だし、幸せなことだと思う」と熱い思いを語った。

一方の齊藤も、出演を依頼したのは「だいぶ前から、(自分が)一種の恋心を抱いていた人たち」だと言い、「本当に(作品を)導いてくださったのは、一生さんやキャストの方たちで、僕は現場で何もしないというのが正直なところ。大好きな人たちが集まってくれて、僕もとっても幸せでした」と感謝の気持ちを述べた。

また、“節分の日”にちなみ、「招き入れたい福」をそれぞれが発表。何も書かれていないボードを披露した高橋は、「この場所に立たせていただけて、すごく幸福で…。もう福を招いちゃっているので、あえて“ブランク”にしました」と説明した。「必要な人」と書き込んだ齊藤も、「(本作を出品した)映画祭などでも『この映画が必要だった』という人が何人かいらっしゃって。なので、大切な“我が子”がこれから旅に出ますが、必要な人に届いたら何よりでございます」と語った。

最後に齊藤は「僕は、映画大好き少年ですが、自分に映画を撮る才能があるなんて、口が裂けても言えません。でも、この映画は準備から撮影まで、いろんな奇跡的な事が起こって、必然的に作られた映画だと心から思っています。劇場で何度も味わっていただけたら」と笑顔でアピールした。


外部リンク(テレビファン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス