結婚前にすべき? 同棲のメリットとデメリットを知っておこう!




好きなだけでは結婚できない、恋愛と結婚は違うということは、アラサーにもなるとよくわかっていることですよね。
そんな中、結婚前に同棲を試みるカップルが増えているのだとか。結婚前の同棲にはどんなメリットやデメリットがあるのか見ていきましょう。

同棲のメリットとデメリット

同棲のメリット1: 相手の生活能力を量ることができる



結婚して一緒に生活を始めてみて「この人はこんなこともできないのか……」と気づかされることもあるかしれません。一緒に生活していく上で、パートナーがどれだけの家事をこなすことができるのか知っておいた方がいいに決まっていますよね。
お互いの得手不得手をしっかり把握して、適材適所の家事分担ができるように段取りを組むことは結婚生活でのストレスも軽減してくれるはず。スムーズに結婚生活をスタートできるように、相手の生活能力を知っておくことはメリットだと言えます。

同棲のメリット2: 結婚までの貯金ができる

同棲をするととりあえず家賃は半額で済みます。1人で一人暮らし用の物件の家賃を払うよりは支出が減りますよね。家賃の支払いが楽になった分は結婚資金に回すこともできます。水道光熱費についても2人で割れば経費の節約になりますよね。
そうした経済的な視点で見ても、今後結婚を見据えた付き合いをしているカップルにとっては、同棲することはメリットになりうるのです。

同棲のデメリット1: 世間体が気になる



若い2人にとってはカップルが同棲をするのはごく自然なことかもしれませんが、親世代から見るとあまり好まれないケースがまだ多いのが現状です。もし同棲をしたいのであれば、お互いの実家に2人で出向き、きちんと事情や思いを話して、あらかじめ了承をもらってから実行に移しましょう。

同棲のデメリット2: ずるずると結婚できなくなる恐れがある

同棲をしてしまうと、結婚のいちばんの醍醐味である同居生活をクリアしてしまうことになるので、入籍や挙式がずるずると延びてしまうことにもなりかねません。結婚するつもりで同棲を始めても結局何年たっても結婚できないという事態に陥ってしまいます。そうなる前に、同棲をするよりもきっちり結婚へと進めていく方がいいという場合もあるのです。

今回は結婚前の同棲のメリットとデメリットをご紹介しました。いかがでしたか? 大好きな人とずっと一緒にいたいから同棲をする! と安易に考えてしまうのはNG。なぜ同棲するのか、将来は彼とどうなりたいのかよく考えたうえで、同棲に踏み切りたいですね。

あなたにおすすめ