『アンナチュラル』で“長時間労働の実態”に切り込む 石原さとみ演じるミコトの言葉が重い

TBS系金曜ドラマ『アンナチュラル』は主人公の法医解剖医・三澄ミコト(石原さとみ)が所属する架空の研究機関・不自然死究明研究所(通称:UDIラボ)を舞台にした法医学ミステリーである。それのみでなく、彼女たちが「死」の真相を追及する姿を通し「社会問題」を浮き彫りにさせようと試みる意欲作でもある。

第1話では「院内感染」、第2話は「自殺系サイト」、第3話は「裁判の裏側」が1つのテーマだった。そして2月2日に放送された第4話は工場の「長時間労働」に切り込んだ。

大人気で飛ぶように売れている「しあわせの蜂蜜ケーキ」を製造する工場の従業員・佐野祐斗(坪倉由幸)がバイク事故で亡くなった。ミコトは養母で弁護士の三澄夏代(薬師丸ひろ子)の依頼で事故死の真相を確かめようと遺体を解剖する。

やがて工場での長時間労働による過労から居眠り運転したのではないかと疑うが、工場長の松永(春海四方)は「長時間労働などあり得ない、タイムカードで出勤・退勤時間を見れば分かる」と主張した。

残された佐野の妻・可奈子(戸田菜穂)は小学生の息子・祐(藤村真優)と幼い娘を連れてミコトたちが交渉するところに立ち会う。祐は子どもながらに工場長たちの話を聞いて自分の利益や立場ばかり考える大人の姿に怒りを覚え、「しあわせの蜂蜜ケーキ」販売店に石を投げてショーウィンドーのガラスを割るのだった。

工場で働く者から長時間労働の実態について「タイムカードを押した後もサービス残業している」という告発があり、追い詰められた工場長は倒れてしまう。休まずに働き続けていたのは他ならぬ工場長なのだ。

病院でミコトが「あったことをなかったことにする。そんな大人の姿を見たら、子どもは石を投げるしかないですよ」と訴える言葉を耳にした工場長は、回復すると自ら工場の稼働を止め従業員に休日をとらせる。

佐野は死亡した事故以前にバイクで転倒して頸椎を損傷していたことが分かり、UDIラボを手伝って工場長や従業員が手がかりとなるマンホールの傷を探して回った。

真相は「しあわせの蜂蜜ケーキ」の社長が自宅マンションで花火大会見物を兼ねたパーティーをするので「至急、蜂蜜ケーキを届けてくれ」と無理を言って佐野が配達、その帰りに居眠りしてバイクで転倒したため頸椎を痛めていた。その影響で今度は運転中に意識を失い、事故により命を落としたというものだ。

昨今はブラック企業という言葉が生まれ「サービス残業」「長時間労働」「過労死」などの問題が注目される。「しあわせの蜂蜜ケーキ」を巡る社長の経営方針と工場長の責任感、それに応えようと無理を重ねる従業員の姿に「なんかウチの会社に似ている」と思う人もいたのではないだろうか。

画像は『【公式】TBSドラマ『アンナチュラル』 2018年1月28日付Twitter「アンナチュラル第4話は、こちらの家族が登場。」、2018年2月2日付Twitter「アンナチュラル4話放送まで、あと3時間となりました」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス