時には見切り発車でも現地へ 丸山ゴンザレスはいかに『雨傘革命』を取材したのか

しらべぇ

2018/2/3 17:30


(©ニュースサイトしらべぇ)

海外を取材するとなると、渡航先の国の言葉が完璧に話せるとか、複数言語が操れるとか、大手通信社出身で勤務時代に作った人脈を駆使するとかいった経験やスキルがものをいう。

ジャーナリストのような仕事を始めた当初、自分で興味を持っているような分野はもちろんのこと、海外を軸に取材するジャーナリストには、すでにそういう人材が溢れかえっていた。

■「後発組」の武器になった経験


正直、どうしようか……と、弱気になることもあった。 自分のような後発組がどうやって海外取材できるようになるのだろうか。

そんなことを考えていた時に、不意に思ったのは「自分にも他の人が持っていないような特殊な経験があるじゃないか」ということだった。

それが、日本の裏社会取材の蓄積だった。 気がついてみれば割と簡単なことで、海外取材でも日本の裏社会取材のときのような目線で、大手メディアやベテランジャーナリストがいない隙間を見つければいいんじゃないかと思うようになったのだ。

■香港学生デモへ突撃取材


自分の海外取材の代表例のなかに2014年に香港で起きたオキュパイ・セントラル(雨傘革命)の学生デモの取材がある。あの時に私がとった方法は、「デモ隊を取材する」のではなくて「デモ隊に入って一緒に居る」というものだった。

取材者としては客観的に見るのがいいのだろうが、私としてはどんなスタンスでデモをしているのかはもちろんのこと、デモに参加している人たちが、どうやって時間を潰しているのか、トイレはどうしているのか、携帯のバッテリーはどうしているのかなど、デモに参加している人がどんな生活をしながらデモ隊を維持しているかというのが知りたかったのだ。

これも裏社会取材で学んだことだが、大きな事をなそうとすると、準備が必要であって、下支えする人たちが必ずいるということ。

別に裏社会に限ったことではないのかもしれないが、裏社会を取材する時に得た気づきのようなものがあったことで、そうした取材目線にたどり着けたのだった。

■「雨傘革命」とは


(©ニュースサイトしらべぇ)

ちなみに雨傘革命について、簡単に説明すると、中国の影響力が強まることを嫌がった学生たちが金融街を占拠して、「民主的な選挙をやりましょう!」と声を上げたことが発端になっていた。

今となっては対中国を見据えた周辺諸国の動きのひとつとして数えられるムーブメントではある。

ところが私が取材に行くと決めた当時、多くのメディアはあまり興味を示しておらず、実際現場に来ている日本のメディアも数えるほどであった。

■いつの間にか警察隊の真ん前に


(©ニュースサイトしらべぇ)

NHKのブースはあったが誰もいなくてガラガラで、海外メディアだとCNNとBBCが頑張っていたくらいだったかな。 それを横目に、私はそのままデモ隊の中を「偉い人居ない?」と尋ねながらどんどん進んで行くことにした。

すると、尋ねたデモ参加者から次々に「あっち」「あっち」と言われ、学生たちに指差された方向へと進んで行くと、最後には私の前には誰もいなくなった。私のはるか後方までたくさんの学生がいるのに。

結局、私は列の一番前まで通されてしまって、その前方数十メートル先にズラッと警官隊だけが並んでいる。

私が話しかけた方たちに「そこに海外から来て取材したいって言ってる奴がいる」「せっかくだから前へどうぞ」と勧められて、いつの間にか警官隊の真ん前まで追いやられていたのだ(笑)。

ちなみに、世界中の注目を集めるようになったきっかけは、警察による学生たちへの攻撃からだった。多くが10代の子供である学生に対して催涙ガスを打ち込んだのだ。民主国家において、許されないことである。

だから、警察を目の前にしている状況のリスクは十分に承知しつつも内心では「どうなるんだろう」という気持ちでいっぱいになっていた。

■売れる記事を書くために現場に立つ覚悟


(©ニュースサイトしらべぇ)

警察の前に立つ。その行為自体が、大手のメディアに所属している人ではむしろ無理なのだと思う。

インタビューはできるけれど、日本のメディアには体験取材があまり歓迎されないというか、所属元の会社としては基本的にその方法はNGなので、やらせてもらえない。だから、私は最初から体験さえすればネタにできるという確信があった。

当時、記事が書き上がるまでは私の文をどこも買ってくれる予定がないという状況で、見切り発車で現地取材に行っていた。

今では依頼が入ってから取材に行くことが多くなったが、この当時は自力で行って取材して、「この記事どうですか?」と売り込んで買ってもらうというパターンがほとんど。

年に1回か2回は、あらかじめ買い取ってもらう条件で行けることもあったにはあったが、取材経費が出るなんてことは滅多にない。

だからこの香港取材も完全に持ち出しで、「絶対プラスにしなきゃいけない!」という気持ちで臨んでいた。あの頃の絶対に売り込んで記事にしてやるという情熱は、今から振り返ってもものすごい熱量を持っていたと思う。

それもこれも身銭を切って取材をするということが、いかに大変なのか、リスクがあるのかを知っていたからだと思う。

■取材記事を売り込む方法


ちなみに香港の取材はどうやって売り込んだのかといえば、facebookやtwitterにさりげなく取材内容を現地からレポートしたのだった。

これが意外に食いつきがよく、日本に帰る前から連絡が入っていて「すぐ書いてください」となった。おかげで、帰国の飛行機に搭乗する際には「帰ったらどうしよう」などと、妙な胸のざわつきもなく過ごすことができた。

まあ、さすがに警察の真ん前に立ってデモ隊のリーダーでもあるかのような振る舞いをしたことについては、ちょっとやりすぎたと思うので、今は少し反省もしていたりもする。

・合わせて読みたい→【密着】革命的非モテ同盟『クリスマス粉砕デモ』が投げかけるもの

(文/丸山ゴンザレス

あなたにおすすめ